« 手紙 | トップページ | 願いのピノ »

2010年10月13日 (水)

通り雨

生まれた瞬間から ゆっくりと死んでゆく
そこからは もう逃れようがないから
笑っていたいんだけどな…

雨上がりの街にある特有の匂い
透き通った空気が好きだった
何かをリセットしたみたいな気配が
新しい僕を運んでくる気がして…

通り雨 この胸を濡らして
水溜り いくつも作っていく
いつしか夜になって そこに星空が広がって
キラキラ輝くといいのに

通り雨 by  Mr.Children

久々にHOMEを聞いていたら再発見の「通り雨」。

ほんと聞く時期によって感じ方が違うもんですね。シンガポール渡航時期決定を機に急に慌ただしくなりつつある中、同時にいろいろ考えごとも多くなってきている最近です。

油断してるとほんとあっという間だな。何についても。いつまでのことでも。

秋の夜長とも言いますし、ゆっくり考え事ってのもいいのかもしれませんね。

|

« 手紙 | トップページ | 願いのピノ »

フレーズ集」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1112567/37219579

この記事へのトラックバック一覧です: 通り雨:

« 手紙 | トップページ | 願いのピノ »