« Re-submit | トップページ | From NY »

2010年5月22日 (土)

しるし

どんな言葉を選んでも どこか嘘っぽいんだ
左脳に書いた手紙 ぐちゃぐちゃに丸めて捨てる

「半信半疑=傷つかないための予防線」を
今、微妙なニュアンスで君は示そうとしている

面倒臭いって思うくらいに真面目に向き合っていた
軽はずみだった自分をうらやましくなるほどに

心の声は誰が聞くこともない
それもいい その方がいい

ダーリンダーリン いろんな角度から君を見てきた
共に生きれない日が来たって どうせ愛してしまうと思うんだ

しるし by Mr.Children

14歳の母のテーマソングでしたね。強く歌えるザッツラブバラード。優しいバラードはけっこうありますが、こんな感じの歌はミスチルの中では意外に少ない気がします。

ミスチル好きならこのライブ映像は絶対ぐっとくるものがあるはず(曲名:リンク)。

人間関係においてもやっぱミスチルが好きか普通かさらには好きじゃないかは、けっこう僕にとって重要な気がします(笑)

僕は自分がいいと思ったものは共有したい性質なので、自分のすごく好きなものが受け入れられて盛り上がれるかどうかはやっぱり大事。

その人が好きな歌手や作家などにはある程度その人の性格が出るものだと思いますしね。

ちょっとそんなことを思うことがあったのでなんとなくつぶやいてみました(笑)

|

« Re-submit | トップページ | From NY »

フレーズ集」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1112567/34810775

この記事へのトラックバック一覧です: しるし:

« Re-submit | トップページ | From NY »