« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

瞳をとじて

あの日 見せた泣き顔 涙照らす夕陽 肩のぬくもり
消し去ろうと願う度に 心が 体が 君を覚えている

いつかは君のこと なにも感じなくなるのかな
今の痛み抱いて 眠る方がまだ いいかな

記憶の中に 君を探すよ それだけでいい
なくしたものを 越える強さを 君がくれたから
君がくれたから

瞳をとじて by 平井堅

いい歌ですよねー、これ。相も変わらずyoutubeで検索してみたら、

「瞳をとじて」 平井堅/小田和正

と書いてある。

え?と思ってクリックしたらまさかのコラボ!クリスマスにやっているやつかな?まあ兎にも角にもこの二人が好きならぜひ聴いてほしいですね(曲名がリンク)。小田和正さんの声は独特ですけど、僕はこの歌にはすごく合っているなーと感じました。

この歌といえば、「世界の中心で愛を叫ぶ」を思い浮かべる方も多いですよね。僕は原作しか読んでいないのですが、なんと本屋に一週間通って全部立ち読みしたというほんとにバカな記憶があります(苦笑)

何年も前のことなので全然正確ではないのですが、原作で印象に残っているのは、

続きを読む "瞳をとじて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

雪と桜

京都にお住まいの方はほぼ確実に目を疑ったでしょう。

雪が降りましたねsnow

4月も目前だというのに。パラつくという感じではなく本格的に降ってました。

桜と雪が同時に見れるということはなかなかない気がしたので、職場のすぐ傍の桜を。

Img_2369_2

Img_2374

実は、この桜たちはその昔、有名な教授が勝手に植えてそれがすくすく育ってこうなったそうな。ほんとはそんなことしちゃいけないんですけどね。まあいいじゃないですか(笑)時効ですよ。

Img_2378

帰り際、22時過ぎ、まだ降ってるー。しかも月も見えるー。ということで撮ってみたもののさすがに夜だと雪が写らないですね;

花見をしたいとは思えませんでしたけど、雪と桜というのは珍しくてあれはあれで味わい深かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

コーヒーとパン

朝ごはんにパン。という言葉に少し違和感を感じます、どーも、クレームパティシエールです。

Img_2350

日曜の昼、コーヒー豆を買いにびーんず亭へ。久々にテイクアウトもしました。290円なり。安いし、おいしい。やっぱここのブレンドは好きです。

そして、鴨川が恋しくなったのでラボへ戻るがてらパンを買って鴨川へ。

続きを読む "コーヒーとパン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

週末っぽい週末

Img_2347

今日は昼からボスと実験をし、夕飯時にラボを後にするというわりと健康的な日でした。

続きを読む "週末っぽい週末"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

毎朝の名言より3

過去2回ほど(これそれ)書きました、名言集 from 目覚ましメールも徐々に同じものが届くようになったので今回でたぶん終わりです。

でも、名言とかは好きなのでまた何か書きたいとは思います。では、ラストのをどーぞ。ちょっと少なめです。

続きを読む "毎朝の名言より3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

ふと

運命とか、赤い糸とかはなんとなくすべて偶然や受身のイベントというイメージがあるような気がします。

続きを読む "ふと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆとりがあっ、てもー

タイトルの区切り方でピンと来た方、あなたはトータルテンボスが好きですね?こんばんは。

最近、なんだか時間があります。いや、正確には心に以前より少しゆとりがあるといった方がいいかもしれません。

まあどうでもいいことなので続き表示にします。

続きを読む "ゆとりがあっ、てもー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

いろいろな季節

今日、あれもう昨日か、の京都は異常なくらい暖かかく、花粉を感じる季節になってきました。

3月もそろそろ終盤に入り、別れの季節にもなってきましたね。うちの先輩やら先生やらの送別会も昨日でした。とはいっても、まだ仕事しに来るんですけどね;

この時期までくると、昼ごはんに買ういつもの弁当でも「ラスト弁当」なんて呼んでいざこれが最後かと思うと、出て行く彼らにとっては少し感慨深いものになってきます。

終わりがあるからこそ、美しいとはよくいいますが、実際そうなのかもなーと初めて本気で思いました。弁当すらそうなのですから。終わりあるものはすべて美しいのかも(笑)

それと終わりが見えてくるとそれが急に大事に思えてくるってこともよくありますよね。

乗客不足で廃線が決定した寝台列車に客が殺到。ちょっと違うか;

まあできればこれは避けたいものです;それも日頃からの心がけ次第。大事なものは大事なものとちゃんと見出して、日頃から大事にしてきたいものです。

春は出会いより別れの季節のイメージが強い(苦笑)、クレームパティシエールでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

テレビ

少しまた間が空きましたね。

久々に気合で乗り切れないレベルで体調を崩し、ピンポイントのやさしさにクラっときたクレームパティシエールです。

苦しみはしましたけれども、体調を崩したおかげでゴールデンタイムという時間のテレビをけっこう眺めることができました。この時期はスペシャルものが多くて気合を入れて作っているからか、けっこういいものがやっていました。

「笑ってコラえて」での日本語を学ぶ南米のおじいちゃんの話や日本国憲法をつくった女性の話。

「ザ・ベストハウス123」での池上彰プレゼン、戦場や災害現場を追い続けたジャーナリスト”レアルとマチュカ”という話。

これらはすごくよかったです。

特にレアルとマチュカ(←リンク)はプロのジャーナリストという姿を初めて認識させられた気がして、そのプロ意識と仲間を救いたいという思いにすごく感動しました。

人情めいたものにはひどく弱くなってしまったのですが、こういう仕事のプロという面で感動することはあまりないので見ることが出来てほんとによかったと思っています。

これも実際問題として仕事を考えなければいけない時期になってきたからかもしれません。

ともあれ、テレビ番組も意外とちゃんとした事も伝えているなーと思いました。気が向いたらリンク先に飛んでみてください。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月13日 (土)

住まい

もう3月も半ばに入りそうで、自分の身の回りや街中でも引越しの動きを感じるようになりました。

僕はもうしばらくここ京都におりますが、ぼちぼち住まいのことをぼんやりと考え始めています。

シンガポールには日本によくあるワンルームというものがほぼ存在しません。最も狭い物件でも2ベッドルーム、リビング、キッチンという構成が多いんですねー。

場所や家具付きかどうか、築何年かとかで上下してきますが、この物件を借りようとすると10万近くかかるわけなんですよね。

だから向こうでは、日本でいう「一人暮らし」というものはほとんどないみたいで、シェアすることが一般的なんだそうです。

んー、悩みますねー;

シェアを向こうの人とした場合、金銭面だけでなく向こうの生活についていろいろと教えてもらえたり、異文化交流ができたり、英語を話す機会を増やすことができるというメリットがあります。そしてまさかの「ただいま」という言葉を口にすることができる(笑)

その反面、完全な自分の時間、空間が減ったり、相手によっては様々な苦労が予想されるというデメリットもあるわけなんですよね。もちろん家賃のことも。何より研究生活という休みや帰りが極めて不確定なへとへとな状態で何もかもが違う外国人との共同生活を楽しむ余裕があるのかという不安。。。

自分が何を優先するかだけなんですけどね。

まあまだ深刻に悩む段階でもないし、物件を眺めたり、シェア経験者の話を聞きながらゆっくり決めたいと思いますhouse

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月 9日 (火)

39

強い人 弱い人
男の人 女の人
目立つ人 地味な人
みんな みんな ありがとう Yeah!

近い人 遠い人
やさしい人 つめたい人
好きな人 イヤな人
みんな みんな ありがとう Yeah!

ありがとう by 井上陽水・奥田民生

今日は3月9日でサンキュウ。ありがとうの日ということらしいですね。日本語とカタカナ英語がある日本ならではです(笑)

これが公式かどうかはわかりませんけど、ポジティブな感じだし、いいですよね、こういうの。

こんな少々無理やりな語呂にのせて、普段言えない「ありがとう」を伝えるのもいいかもしれません。

僕個人は、家族にいつもありがとうメールを送ってみました。こういうときじゃないとなかなか言えないので;

そしたらなんと、39の意味を理解できなかった母から「何かあったの?」的な電話がきました(笑)うちの母らしいです(笑)

では、そんなわけで、こんなブログを読んでいただいて

ありがとう!サンキュウ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

トイレの神様

どーも、朝なんとなくつけたテレビでやっていたケロロ軍曹でまさかの涙、クレームパティシエールです。

先日、ヤフーニュースで知った歌。

24

トイレの神様 by 植村花菜

みなさんはご存知でしょうか?ラジオからはじまり、今では有線をはじめすごい人気になっているようです。

静かなメロディーと落ち着いた歌声、そして何よりひとつの物語のような歌詞が反響を呼んでいるんだと思います。

歌というよりも、物語があってそこにメロディーをつけたような印象です。

僕個人の感想としては、そのメロディー、声からいい歌だなーとは思いますが、ネットの書き込みにあるような涙腺倒壊ということにはなりませんでした。

最初にそういう口コミを見てから、聴いたからということもあるんでしょう。

ただ、たぶんこれを聴く時期や状況によっては、涙腺倒壊ということもありえるだろうなとは思いました。

抽象的な歌詞じゃなく、明確な言葉で綴られている歌詞だから感情移入する人はすごくするんだろうなと思います。

誰かをすごく感動させたり、印象に残らせるものは、誰かの思い出や経験、そのときの感情とかにリンクさせるものなんだろうなぁと改めて思いました。

いつか誰かの心を強く動かすような何かをつくったり、行ったりできるような人になりたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

君が大人になってくその季節が
悲しい歌で溢れないように
最後に何か伝えたくて
「さよなら」に代わる言葉を僕は探してた

君を手を引くその役目が僕の使命だなんて そう思ってた
だけど今わかったんだ 僕らならもう 重ねた日々がほら、導いてくれる

by スキマスイッチ

昨日、この歌をテーマにしたドラマがやっていましたね。どうやら卒業の歌をテーマにしたドラマを連日やっているようですね。勝手に小説風とか自分で勝手にやってることもあり、こういうのはいいなーと思います。

僕が見たやつは内容を人に話したくなるほど、すごくよかったとは個人的にはいえなかったのですが、歌を絡めると2割増しくらいにいい話になっていた気がします。

続きを読む "奏"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視察 観光

Img_2228

最終日はフリー。なので、観光!

ただまあ街というか国の雰囲気を感じようとできるだけタクシーではなく、公共の交通機関を使って、分からないことがあれば人に聞くというスタンスで行きました。

上の写真は電車の切符みたいなものです。向こうは紙では出てきません。このカードが1S$(70円くらい)で、そこに行く場所の分だけ料金が加算されます。乗り終わってカードを返却すると1S$が返ってくるという仕組みですtrain

続きを読む "視察 観光"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

視察 NUS

Img_2191_3

さて、2日目は大学へ上司たちと行き、今後共同研究したり助け合ったりするであろう様々なdepartmentの教授たちや事務の代表の方とミーティング。朝っぱらから夜までかなーりタイトでした;

今考えても僕は事務の方のときだけいたらよかったんじゃなかろうか。。。実際に話したのもその人とだけだし;まあ大学内の様々なところにもぐりこめたのはよかったです。

続きを読む "視察 NUS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »