« 勇気100% | トップページ | 長い助走 »

2010年1月31日 (日)

Sidewalk Talk

Img_2052_2

”それは、言葉で説明できない分、動かしようのないものに思えた。”

これまでに何十冊もの小説を読んできた中で、深く考えず、一番印象に残っている話は何かと言われると、、、

本多孝好さんの『Sidewlk Talk』book

これは短編集の中のひとつの話で『I LOVE YOU』というアンソロジー形式の短編集に入っています。

I LOVE YOUは本多孝好さんのほかに、伊坂幸太郎、石田衣良、市川拓司、中田永一、中村抗(敬称略)と豪華な面々から成り、個人的には、伊坂幸太郎さんの『透明ポーラーベア』と永田永一さんの『百瀬、こっちを向いて』も好きな作品です。

初めてこの作品を読んだのは、2年半ほど前。

そのときの自分がそのときに読んだからこそ、一番印象に残るものになったんだと思います。

本だけでなく、すべての出会いは相性だけでなく、タイミングも重要ですよね。

金曜の23時。

残った先輩と珍しく、少し恋愛やら結婚やらの話をしたときにこの本を思い出しました。
※ラボにおいて、夜遅い・残りは2人・お互いがデスクワーク、こんな条件が揃うとまれに普段話さないような話をするという事態が起こります(笑)

何度読んでもやっぱりあのシーンは「くわーっ」って感じでいいです。

読んだことがない方は、何かの機会に読んでみてください。

|

« 勇気100% | トップページ | 長い助走 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

小説ネタに食いつてしまいます(笑)

村山由佳さんに続き!、本多孝好さん!
本多さんも大好きな作家さんです。
確かこの短編集も読んだのだけど、内容を覚えておらず・・・。
家のどこかにあるはず。
本多さんの作品は、少し残酷なとこがあるけど、「MOMEMT」が好きです。新書で続編?が出てますよね。気になる。

投稿: まっちゃ | 2010年1月31日 (日) 21時58分

びっくり。私もその本好きです。
私もその中だったらその話が一番好きです。
それの姉妹本?の「Love or Like」もけっこう良いです。

今まで読んだ中で一番印象深い本、考えてみたけど難しいです。
「三月は深き紅の淵を/恩田陸」かなぁ。

投稿: coco | 2010年1月31日 (日) 22時27分

まっちゃさん

どうやらそのようですね(笑)

気が向いたらぜひ読み返してみてください^^
「MOMENT」もいいですね、あの中ではFIREFLYが好きでした。個人的には「真夜中の5分前」に衝撃を受けました。続編ってのは「WILL」というものですかね。僕もまだ読んでないので、文庫化を待とうと思います(笑)

投稿: クレームパティシエール | 2010年1月31日 (日) 23時18分

cocoさん

cocoさんもお好きでしたか。「Love or Like」は、まだ読んでないのでいつか読んでみたいと思ってます。

自分に影響を与えた小説は他にもある気がするのですが、ぱっと思いつくのはSidewalk Talkでした。

なるほど、恩田陸さんですか。それも本屋に行ったら手に取ってみようと思います。

投稿: クレームパティシエール | 2010年1月31日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1112567/33188670

この記事へのトラックバック一覧です: Sidewalk Talk:

« 勇気100% | トップページ | 長い助走 »