« サッカーを通じて | トップページ | 懐かしの小説と違和感 »

2010年1月13日 (水)

非自炊生活

Img_2046_2

・・・いつからだろうか。

家の扉を開き、右手にある通路兼キッチンに目をやる。

使わなくなった食器が埃を纏い始め、嵩の減らない調味料たちは酸化ばかり進み、僕の余裕と相反して冷蔵庫内には自由な空間が増えていく。

油を吸わせていないフライパンは冬の空気とともに乾燥肌となり、出番をなくした牛刀やぺティナイフは己を磨く機会すら与えてもらえない。

冷蔵庫を開けば、10個入り128円と安くて思わず買った卵たちが、その形状を維持したまま僕ら人間が勝手に決めた彼らの期限を目前としている。

こんなつもりでは。。。

こんははずではなかったのだ。

有限な時間と自分の能力の中で、何かを乗り越えるためには何かを犠牲にしなければいけない。

当たり前のことだ。

しかし、頭で理解することとそれを実際に受け入れることは違う。君を失った後がそうだったように。

描いてみれば歪なグラフとなるであろうバランスの崩れた食生活は、四捨五入すれば三十路の身体の内側からいつのまにか傷跡をつけていく。

気にしないで置けば、普段と何も変わらなかった君の言動が実は少しずつ変わっていったように。

そうして、明らかに変わったときにはもうそれを取り戻すことはできない。

きっとそんな感じだ。

(つづく、わきゃないw)

********************

と、無意味に小説風な文章にしてみました、クレームパティシエールです。馴染みのある言い方をするとカスタードクリームです。

そう、ここ3ヶ月くらいまともな自炊をしていません。

料理と食べることが好きな僕の一人暮らし人生で、これほど自炊をしていない期間が続いたのは初めてです。

作らないのが当たり前になってきています;もう少し頑張ればひと段落つく。はず。。。

2月には再開したい。

ただ、最近自炊してませんというだけの報告を無駄に長くしてみました(笑)

みなさんはちゃんと栄養のある食事をとってくださいね。

|

« サッカーを通じて | トップページ | 懐かしの小説と違和感 »

小説風」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1112567/32965887

この記事へのトラックバック一覧です: 非自炊生活:

« サッカーを通じて | トップページ | 懐かしの小説と違和感 »