« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

Sidewalk Talk

Img_2052_2

”それは、言葉で説明できない分、動かしようのないものに思えた。”

これまでに何十冊もの小説を読んできた中で、深く考えず、一番印象に残っている話は何かと言われると、、、

本多孝好さんの『Sidewlk Talk』book

これは短編集の中のひとつの話で『I LOVE YOU』というアンソロジー形式の短編集に入っています。

I LOVE YOUは本多孝好さんのほかに、伊坂幸太郎、石田衣良、市川拓司、中田永一、中村抗(敬称略)と豪華な面々から成り、個人的には、伊坂幸太郎さんの『透明ポーラーベア』と永田永一さんの『百瀬、こっちを向いて』も好きな作品です。

初めてこの作品を読んだのは、2年半ほど前。

そのときの自分がそのときに読んだからこそ、一番印象に残るものになったんだと思います。

本だけでなく、すべての出会いは相性だけでなく、タイミングも重要ですよね。

金曜の23時。

残った先輩と珍しく、少し恋愛やら結婚やらの話をしたときにこの本を思い出しました。
※ラボにおいて、夜遅い・残りは2人・お互いがデスクワーク、こんな条件が揃うとまれに普段話さないような話をするという事態が起こります(笑)

何度読んでもやっぱりあのシーンは「くわーっ」って感じでいいです。

読んだことがない方は、何かの機会に読んでみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

勇気100%

昨日 飛べなかった 空があるなら
いまあるチャンス つかんでみよう

そうさ100%勇気 さぁ飛び込むしかないさ
まだ涙だけで終わる ときじゃないだろう
そうさ100%勇気 もう ふりむいちゃいけない
ぼくたちはぼくたちらしく どこまでも駆けてゆくのさ

勇気100% by 光Genji

小さい頃いつもなんとなしに見ていたアニメなどの挿入歌って実はいい歌詞だったっていうことはよくある気がします。上に書いた歌詞はご存知、忍たま乱太郎のオープニングテーマからとったものです。

歳をとった分だけ何らかの経験値は積み重なっていくわけで、その分、こういった歌詞や物語なんかに自分を重ねることが容易になるからそう感じるのかもしれません。

ただまあ、歌詞の深さとか関係なく、昔よく見聞きしていたものってやっぱり自分への影響は大きいのかなーと思います。この歌はカラオケで歌ったりするわけですが、やっぱり前奏を聞いた瞬間からちょっとテンションが上がります(笑)ドラゴンボールの主題歌でも同じ感覚になるのは日本男児ならきっと誰もがわかるはず(笑)。

カラオケでメロディはわかるけど、歌詞はよくわからないというくらいの歌を歌ってみるとみなさんが「おっ」って感じるような発見があるかもしれませんよ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

マーライオンのいるところ

200pxmerlion2c_dec_05_2

知ってます?これ。たいていの方は知ってますよね、マーライオンです。実はマーライオンは5体いるそうです。さらに驚くことに「世界三大がっかり」のひとつとされている模様(苦笑)

続きを読む "マーライオンのいるところ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

SAYONARA-party

昨日は平日にもかかわらず、19時前にラボを後にしました。

ほんとこんな時間に帰るのなんていつぶり?というのも、昨日は友達の送別会でした。

30ちょい過ぎのカナダ人数学者。西の方で准教授のポストを獲得し(すげー!)、近々引っ越すことなっておりました。

彼はいつも「イヒヒ」みたいな笑顔をいつも絶やさないとてもいい人でした。よく笑う人たちと飲んでいるとこっちまで自然と笑いが増えてくる。よく笑う人はやっぱりいいですね。

他にも送別会にはスペイン人とアメリカ人がいたわけですが、こんなインターナショナルなつながりができたのは、うちのラボに来た同期のアメリカ人のおかげです。

人脈って大事だなーと改めて思います。

それとそのアメリカ人同期はほんとうにいい奴で(もしかしたらうちのラボで一番いろんなことをしゃべりやすいかもしれない)、やっぱり彼とコミュニケーションをとりたいと思うわけなんですよね。

だから英語を喋りたいとほんとに思うし、その努力もしようと思えます。

自分がほんとうに望む理由がちゃんとあれば、けっこう人間自然と頑張れるんじゃなかろうかという気がします。

そろそろ反応が終わるころ。誰かの願いが叶うころ。というわけで、もう一仕事してきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

疑問からの疑問

理系の研究室のほとんどでは、ジャーナルクラブとか呼ばれるものがあります。

何をするかといえば、国際科学雑誌に載っている論文をみんなに紹介し、そこで得られた知見を共有したり、論文の読み方などを勉強するものです。

明日、てか今日は僕の担当なわけです。明日のは複数の論文を紹介せねばいけないので、少々しんどいのですが、最近は、デスクワークにまわせる時間が作れるくらいにはなったので週末から準備を進めてました。

いつも感じることですが、読めば読むほど、調べれば調べるほど、疑問が増えてくる。。。

ほんと世の中わからないことだらけです;

本気で勉強しようとすると、気持ち悪くなるくらいきりがない。特に生物が相手だとそうなんじゃないでしょうか。と個人的に思います。

どれくらいキリがないかというと、普段、「あーなるほどね。」と納得してしまうところにさらに疑問を投げかけてみてください。きっと疑問は波状に広がるはずです。それを何回か繰り返せばたぶん僕らと同じ感覚になります(笑)

気が向いたら何でもいいので、考えてみてください。どこまで突き詰めることができるかも考える力の1つだと思いますし。脳トレ的な感じでw。

まあでも、それを調べていくこと自体は苦痛じゃない。むしろおもしろいし、楽しい。

ここに研究の原点があるはずなんですが、それを仕事にしようとするとそうはいかないもんなんです;あー悲しきかな、日本の基礎研究事情。

こんな取り留めのない文章になったのはきっと夜更けだからでしょう。なんかもうちょっとまとまりのあることを書くつもりでしたけど、まあまた次回に(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

マイブック

Img_2050_2

買いました。

マイブック。

日付と曜日だけが記入された文庫本サイズのもの。

自分なりに考えて選んだ手帳を使ったりもしたのですが、あまり続かず、というか自分の生活には適さず;

続きを読む "マイブック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷹の爪

Taka_3

ご存じですか?彼らの存在を。

世界征服をたくらむベンチャー秘密結社 「鷹の爪」です。

ただの世界征服ではなく、人と地球にやさしい世界征服(笑)

真の目的は、世界を征服して誰もが幸せに暮らせる世界をつくること。

ダメダメだけど心優しき総統をはじめとする極めてふざけておもしろい団員を中心とするギャグFlashアニメです。

TOHOシネマズで映画をよく見る人も見たことあるかもしれませんね。

製作者兼ほぼすべての声優をこなすFROGMANによる公式ページはこちら

現在、劇場版第3弾秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3 http:// 鷹の爪.jpは永遠に』をやっていることもあり(ちなみに某ヒトカケラマンガの尻馬に乗って「0巻みたいなの。」配布中w)、先日深夜に劇場版第2弾『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE2〜私を愛した黒烏龍茶〜』を放映しているのをまたもや偶然にも発見。録画ですw。

続きを読む "鷹の爪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

one two three

高らかな望みは のっけから持ってない
でも だからといって将来を諦める気もない
ぬるま湯の冥利と分別を知った者特有の
もろく 鈍く 持て余す ほろ苦い悲しみ

僕ならいつも冗談めかしてたりするけれど
ずっと ずっと 考えているんだ
その場しのぎで振り回す両手もやがて上昇気流を生むんだ
別の未来へと向くベクトル 寂しくたって
一歩 一歩 踏み出してかなくちゃ
胸の奥で繰り返す秒読み
今 前人未踏の未来へ1. 2. 3!

one two three by Mr.Children

ミスチルの歌の中でもかなり好きな方に入る「one two three」。最後に猪木の演説が入るのが特徴的(笑)

年が明け、なんかよくわからないけれど、徐々に実験の調子を取り戻しつつあります。振り返ってみればインパクトのあるデータが出るのはいつもその年の前半な気がする。

えらく長いこと投稿準備中だった論文もようやく本格的に出せそうな雰囲気が出てきました。

その場しのぎでも、暗闇でもとりあえず両手を振り回すことがきっと大事なんだろうなとちょっと思っています。きっとすべてのことは結果論なので、後付けになりますが、今はそう信じています。

じっと考えることは必要だけど、その後動かなきゃあいけませんね。僕の場合、けっこう長くじっと考え続けてきた気がします。

なので、今後は行動重視で。

そして週末はもっと有効に使いたい(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

受験と図書委員会

51foha0jfil__sl500_aa240_

どうですか、この感じ?

いかにも爽やかそうでしょう(笑)?

前の記事に書いたとおり、買ってきましたストレートっぽい恋愛小説です。

現在1/3を読んだところですが、いい感じですよ。

軽快で、爽やかで、甘酸っぱい青春な香りがしますw

そして、今更ながらこれがシリーズもので実は3巻目だったということに気付きました;まあスターウォーズのエピソードなんちゃら的な感じで読むのも悪くないかなと思ってます。

「吉野北高校図書委員会3」は、高3の夏。進路に悩んだり、受験勉強を頑張っている姿も描かれています。

偶然にもこの週末がセンター試験だったんですよね。

受験生のみなさん、とりあえずですがお疲れ様です。

僕自身は高専というマイナー進路を歩んでいるため、実はセンターを受けておりませんし、がっつり受験勉強もしてません;

なので、大学受験を必死に頑張る人たちには心よりエール送りたいし、本当にすごいなーと思います。

受験を勉強ができるできないのレベルじゃなくて、いろんな経験として自分の中で消化できた人はきっとこの先強いんだろなーと思います。

まあそんな風に現実と本の中の受験生たちを想像していたらなんか自分も頑張らなきゃなーという気にちょっとなりました。こういうときは、自分は単純でよかったなーと思います(笑)

では、もう少しだけ失ったものを取り戻しに、小説を読みすすめようと思いますbook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

懐かしの小説と違和感

41pugjvmmml__ss500__3

ご存じの方も多いかと思われますが、こちらは村山由佳さんの『おいしいコーヒーの入れ方 Second Season 1 蜂蜜色の瞳』です。

このシリーズは一作目の『おいしいコーヒーの入れ方 キスまでの距離』から、なんと16年も続いている超ロングセラーシリーズです。出版当初、思春期真っただ中だった人たちは、今やアラサー。読んで「甘酸っぱいよねー」なんて言いづらくなっていくでしょうねw

物語のジャンルは、すごく簡単にいえば、笑いあり、涙あり?のハートフルラブストーリーです。最近は主人公も大学生生活も後半になり、登場人物も増え、様々な人間模様や人生観、恋愛観も織り交ぜられてきたような気もします。
ちょっとしたあらすじ等はウィキペディアでどーぞ。こちら。

10代もしくは20代でこれを読み始めた男子がいたら、かなりの高確率でくヒロインの「かれん」を好きになるという魔法の小説です(笑)

僕自身は高一の時初めて読みまして(もちろんかれんを好きになり)、続くなーと思いながら読み続けもう25歳;まあここまで続いているのもあり、ちょっとした楽しみになっています。

そして、昨日、文庫本の最新刊である「蜂蜜色の瞳」を読んでいたわけなんですが、何か違和感が。。。

以前よりも内容がガシっとこないような、文章が自分の上を撫でていくだけのような;

理由はいくつかあると思うのですが、

たぶん、こんなにストレートな恋愛小説を久々に読んだってことと自分自身が色恋沙汰から離れた期間が長くなったからというのが大きいと思うんですよね。

「~っていうのが恋愛の本質だとしたらどう?」みたいな恋愛論的なとも書かれているわけですよ。

日常的に真剣に恋愛の話なんかしませんもんで、実感がないから感情移入がうまくできないというか;

このことを今日先輩に話したら、

「お前は、修士号と引き換えにそれを失ったんだよ(笑)」

と言われましたw

しかし、あの違和感は、失ったものを取り戻すきっかけになるような気がなんとなくしたので、ちょっと爽やかな感じのストレートな恋愛小説でも読んでみようかと思いました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

非自炊生活

Img_2046_2

・・・いつからだろうか。

続きを読む "非自炊生活"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

サッカーを通じて

昨日は、名波浩さんの引退試合でしたね。

あまりサッカーに詳しくない僕でも名波さんは天才的にうまいレフティということは知っています。

引退試合には、キングカズ、ゴン中山、中田英寿、桜井和寿、やべっち(敬称略)などサッカーに興味のない人でも知っているような豪華メンバーが参加しました。

とはいえ、僕はやべっちFCで見ただけですけど(笑)

やわらかいパス、タイミングばっちりのボレーなど同業者からだけでなく、僕のような素人目でもすごいと思うプレーをしていた名波さんは本当の意味で一流なんだと思います。

少し話は逸れますが、

続きを読む "サッカーを通じて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

アンコール

Img_2042

先輩が買ってきくれたカンボジアのコーヒーを飲みました。

その名も「Angkor Coffee」

カンボジア産のは初めて飲みましたが、独特の甘いような香りと深みや苦みとは少し違ったベクトルが出ていてくせのある味でした。

豆が違うとこんなにも違うもんかと思いました。

奥が深い。

気になって、グーグル先生に「カンボジア コーヒー」と入力して検索してみたら、

“カンボジアでのコーヒーオーナー募集です”という紹介分が書いてあるサイトがトップに出てきたのが個人的にちょっとツボでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

目標てきな

年末年始は予想以上に慌ただしくて、自分と向き合う時間がつくれなかったのでちょっと年明けちゃいましたが、昨晩、今年の目標を考えました。

その一部を書いてみました。

みなさんとしては、そんなこと言われ、てもー。みたいな感じかと思いますが、気が向いた方はどーぞ。

一応、目標の立て方も書きました。

続きを読む "目標てきな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

10年目ですね

明けましておめでとうございます。

2000年代に入ってついに10年目に突入ですね。

関東より来た友達と年越ししました。

Img_1998

年越しそばを食べ、

Img_2000

知恩院に行き、

Img_2020

除夜の鐘を聞き、(ちなみに風船はつくったものの風船の重さとヘリウムガスの量のバランスが悪かったらしく、全く飛ばず・・・)

Img_2021

高台寺に移動し、甘酒を飲みつつ、ハリーポッターのような少年に気を取られながら(写真右)焚火にあたり、

Img_2023

ノリがよく、しゃべりがやたらうまい住職さんのカウントダウン(20、19、・・・ってちょっと早くないw?)で盛り上がりながら年越しを迎えました。

Img_2027

巫女さんがたくさんいた八坂神社で初詣とおみくじと思ったらこの行列でさすがに断念し、

Img_2037

平安神宮に帰路の途中で向かい、初詣でとおみくじを引きました。ちなみに知らない人にも「明けましておめでとうございます」と言いました。

おみくじは中吉。悪くないはずなのに、書いてあることが末吉の友達より悪いのはなぜ?

まあそんなこんなで人生で最もベタな年越しをしました。

今年のざっくばらんとした抱負は、

「心から笑って過ごせる日々にすること」

心から楽しく、笑って過ごしているということは、いろいろなことがうまく回っている証。

そんな風に思えた日々は京都に来てからの約3年はないので、今年はそんな年にしたいと思っています。

みなさまにとっても素晴らしい年になりますように。

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »