« びーんずなていで。 | トップページ | 365日・再 »

2009年12月19日 (土)

ご近所物語

むかーし、そんな漫画がありましたよね。確か。姉が持ってました。読んだことないので知りませんが、ご近所のなにか、ですよね(笑)

今日アパートに戻って部屋に入るために階段を上がっていたときのこと。

上からドアが開く音がしまして誰かが出かけるのかと思っていたのですが、それがまた閉まる音。おそらく下から上がってくる音を聞いてのことなんでしょう。明らかに玄関でドアノブをひねった状態で待っている(苦笑)

そんなに同じアパートの人と関わりたくないのでしょうか;

たぶん女性なんでしょうね。確かに女性の一人暮らしは警戒するに越したことはない世の中です。その人が悪いこともないです。僕にも利益不利益ともにないです。

でも、ちょっと寂しくないですか?

たまに入り口ですれ違う人たちも目を合わそうともしない。

みなさんもいくつかのコミュニティに所属してきたと思いますが、その中にどれだけ悪人と呼ばれる人がいたでしょうか。たぶん、打ち解けたら悪い人なんてほとんどいないはずなんですよ。

それがほんの一部の人によって引き起こされる事件によって、みんなが疑心暗鬼になってなんだか冷たい世の中になって。

なんだかいやな世の中ですねぇ。。。

挨拶してくれとまでは言いません。正直、僕も人見知り気味で、太陽か月かだったら月ですよ。でも、挨拶くらいはしてみようかなっていつも思ってます。なのでこっちが挨拶できるタイミングくらいは与えて欲しい。

ご近所じゃないですか。ひょっとしたら何か物語が始まるかもしれないじゃないですか(笑)

ちょっと笑いながら挨拶したら、悪い気分じゃないと思うんですけどね。

そんなことをちょっと思いました。

|

« びーんずなていで。 | トップページ | 365日・再 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1112567/32659700

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所物語:

« びーんずなていで。 | トップページ | 365日・再 »