« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

仕分けられてふと。

事業仕分け、終わったみたいですねー。

その効果は1兆6千億円だそうです。議論がどの程度適切に行われたのかは僕は見てないのでなんともいえませんが、透明性という点とメディアが相変わらず食いついたということで国民の意識を高めたという点でよかったのではないかと思います。

そしてもちろん科学の世界にもこの影響は出ています。そして、ノーベル賞受賞者たちがこの仕分けによる科学技術予算削減に対して抗議を申し立てたとの報道もありました。

まあこれはひとごとでもなく思うところも多少あるので、たまにはつらつらとまじめに個人的な意見を書いてみようと思います。長いです;

続きを読む "仕分けられてふと。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

140字小説

ネットニュースではもう頻繁にみるようになったTwitter。

Twitterを使ったいろいろな試みがなされていますが、Twitter小説なるものまでできたそうです。

すでに本が販売されているということで実に興味深い。こちら

Twitterは140字で What's happening ?に答えるというシンプルなもの。もちろんこの質問に答える必要はなくて、好きなことをつぶやけばいいわけです。だからまあ物語を140字で書くこともできる。

あえて140字で小説を書く必要があるかといえばまあ微妙ですが、こういったサービスを何かに利用していくという試み自体はいいことだと思います。

そして11月9日からTwitter小説の一般応募も開始した模様です。こちら

Twitterアカウントを取得して、そこに作った小説をつぶやき、そのリンクを応募するらしい。賞に選ばれると書籍化されるらしいです。

前にも書きましたが、僕もTwitterはやっていますし、物語を考えたり書くのは好きなので、ちょっと作って応募してみようかなーと考えています。

Twitterをやっている人や140字小説に挑戦してみたい人はぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

僕のTwitterへのリンクはこちら。まあ自己満足とコミュニケーションの範囲でしかやってないので極めて非生産的なつぶやきが多く、たぶんおもしろくはないですけど参考までに(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5 cm/sec

今日の午前中、久しぶりにバスに揺られてみました。

いつも持ち歩いているMP3プレーヤーに入っていた懐かしい曲。

One more time, One more chance

この歌の歌詞に自分を重ねたこともありましたっけね(笑)

山崎まさよしさんの歌ですね。1997年の曲なのでもう12年前。

ですが、この曲は2007年に再リリースされています。なぜかっていうと「秒速5センチメートル」というアニメーション映画の主題歌として使用されたためです。

この映画は、以前にもちょっと書きました新海誠 監督作品で、彼はまだ若く、あまりメジャーにはなっていませんが、非常に素晴らしいアニメーション映画を作る監督です。

それを証明するように、2004年に公開された「雲のむこう、約束の場所」では「ハウルの動く城」を抑え、第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞しています。

まあなんにせよ、個人的に僕はこの監督の作品が好きなんです。

秒速5センチメートルは連作短編アニメーションで、三部構成になっている恋愛ものなのですが、映像が驚くほど綺麗で、それぞれの台詞やナレーションには実に味わい深い言葉が使われています。音楽もとてもいい。

また、歳をとるにつれてどこかに隠してしまった真っ直ぐなものやザッツ甘酸っぱい気持ちから物理的距離と心の距離や現実といったシビアなものまでが散りばめられています。この”距離”に関しては新海誠さんの作品すべての統一テーマでもあるようです。

そして、この映画の映像がプロモーションビデオに使われているOne more time, One more chanceはすごくいい!なぜか胸が締め付けられるような。。。このPVを使って最初から売り出していたらセールスは倍増していたんじゃないかなんてやらしいことを考えるほど合っています。

ぜひ、見てみてください。
※映像は使われていますが、大きくネタばれするほどではありません。

こちら

それで映画を見たくなったらTSUTAYAへ行きましょう。

そして、さらに詳細が知りたくなったら本屋へ行きましょう。小説版も出ています。これを読むとなるほどーといった場面がたくさんあります。うまくつくりましたねー。

それでも気持ちが治まらない場合は、僕と語りましょうか(笑)

いろいろ思い出しているうちに秒速5センチを再生し、鑑賞しながらお酒を片手にこの記事を書いている午前2時55分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

一汁のちから

この前まで、松屋で牛めし90円引きやってましたけど行きました?
あんま女性の方は行かないでしょうけど;

わりと近くにあるし、せっかく安いから行こうかなーと向かったらずいぶん空いている。ご想像の通り、なんとその前日までだったという絵に描いたような結末・・・

とはいえ、もともとさほど高いものでもなく、ほかに特に何か食べたいわけではなかったのでそのまま牛めし食べました。

松屋のいいところはデフォルトで味噌汁がついてくる。

これはけっこううれしいものです。

たかが味噌汁、生協なら30円くらいだったか。

しかし、されど味噌汁。これがあるだけでなんか食事をしたなって気持ちにちょっとなる。

数ヶ月ぶりに味噌汁なんか飲んだものですから、松屋の味噌汁ですらすごくおいしく感じました(笑)

一人暮らしではあまり味噌汁は作らないんですよね。たぶんみんなそうじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。少なくとも自分の周辺の男衆はそうなんです。

そして、みな味噌汁いいよねーと言います。豚汁ならなおよい。

男性に限らずかもしれませんが、料理で喜ばせるなら、メインだけじゃなくて味噌汁など一汁があると効果倍増ですよ(笑)それが朝ごはんなら最高ですね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

昨日のNo, 明日のYes

あの日描いていた大人の理想 かけ離れて 流れて ここにそう
たどり着いた場所で己に問う 鏡の中の君は誰でしょう

あれからどれくらいの時が流れたか 君はだれ
変わり果て 心まで疲れ果て ため息ばかり出るのはなぜ
精一杯の努力とか一生懸命が茶化されるこの時代にあえて宣言
固定観念や偏見 コンプレックスさえも武器にして叫んで
いつの日かつかむはずの成功と栄光 迷走し続け いざ行こう
過去の全ての失敗と失態を「経験」と呼び直すためにある今日

明日の Oh Yes Yesの為のベスト その瞬間は今です たった今です
取り返しなんて多分つくはずなんです
やるかやらないかちょっとした違いです

昨日の Oh No は 明日のYes変えるのは君なのです 君なのです
コケるのは何度だってかまわないのです
最後に笑っていればそれでいいのです

昨日のNo, 明日のYes by Bank Band (GAKU-MC)

少し凹んでいる人、絶望の淵からは抜け出て前向きになるきっかけがほしい人などなどポジティブシンキングが受け入れられる状態の人にお勧めしたいこの歌とフレーズ。

原曲はGAKU-MC。Bank Bandがカバーしていて、GAKU-MC本人も一緒に歌っています。

歌詞自体もいいのですが、この歌のラップのような曲調にのせるとよりグッドです。

モチベーションを上げたいときはなかなかいいんじゃないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを暖めうるかもしれない

こんな糸が なんになるの
心許なくて ふるえてた風の中
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます

糸 by 中島みゆき

この歌を初めて聴いたのは大学3年くらいのときだった気がします。Bank Bandのカバーバージョンをでしたが。

それですごい歌があったもんだと思いました。歌詞がすごくいいし、最後のとこなんてすごくうまい!漢字、バンザイ!

中島みゆきさんが歌う原曲ももちろん素晴らしいです。

桜井さんが僕は好きなので、ひいき目かもしれませんが、彼が他の誰かの曲をカバーして歌うときはほんとに違和感なく歌いこなしているし、ほんとに想いをこめて歌っているように感じます。Bank Band ver.はこちら

誰かと誰かが出逢うことで、また誰かとつながったり、幸せをつくったりしていくんでしょうね。

そういうポジティブな連鎖が、ネガティブな連鎖を上回ればいいんですけどねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

奏逢

これぞ『完璧』と言える音。   
それをいつも探しているけれど
本当を言うと
君の心揺さぶる、そんな音を奏でてみたいっていう
それだけ

壁の落書きがうたってる
誰かの曲のワンフレーズ
書きなぐられた心の叫びが
誰にも気付かれずうなだれてる

声なき声、飲み込む怒り、笑顔に秘めた悲しみ...

超能力なんてないけど
読み取れんじゃないかな?って
君の心に耳を傾けるよ

君の好きな歌を口ずさんでみる
少し距離が縮まった気がした

君の描く『幸せ』ってどんなもの?
僕とは少し違っているようだけど
時々こうして
同じ歌をうたって歩いてく
この時間僕らは幸せ

これで『完璧』だって言えるもの。   
そんなもの、この世界にありはしない
少し不安定だけど
愛する人と共に生きてる
それで十分な幸せ
君と僕を繋ぐ音 大空に響いて飛んでけ!

奏逢 by Bank Band

フレーズってかほぼ歌詞そのまんまだ;

続きを読む "奏逢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

松岡修造という巻き込み力

この前、笑っていいとも増刊号をちらっとみたら水川あさみさんがゲストで出ていて、松岡修造さんのホームページがすごくて、元気になれると言っていました。

僕も松岡修造さんのキャラはかなりツボでして、あの熱さと独特の行動は芸人よりずっとおもしろいんじゃないかと思っています(笑)

元気ももらいたかったし、気になったのでアクセスして、「松岡修造からのメッセージ」という動画をいくつか見てみました。

例えば、

自分を越えたいあなたに

身も心も寒いあなた

人生うまくいかないことばかりのあなたに

独りで苦しんでいるあなたに

などがあります。

いやーまあ、すごいですよ(笑)

言っていることが正しいとか、その言葉で励まされるとかよりも口調、身振り、背景、間、そのすべて、松岡修造という存在そのものがメッセージみたいな感じです(笑)

とりあえず、僕が見たものですべて笑いました。

たぶん、あれを見て笑うということが共通していいことなんじゃないかと思いますし、おそらくそれを狙っていると思われます。

落ち込んだり、ネガティブ思考になっているときは、単純に笑うということすら難しい。。。

そんな中でも笑わせてくれるというのはとても貴重だし、あの周りを自分のペースにがんがん巻き込んでくる力は本当にすごいと思います。

元気をもらいたいあなたも、ただ単に笑いたいあなたも、ぜひ松岡修造の巻き込む力を体験してみてください(笑)

こちらから↓
松岡修造オフィシャルサイト

*いいともで水川あさみさんが紹介したからかわかりませんが、アクセスがうまくいかないことがよくありますので、その場合は夜遅く(今、3:15)とかだといいかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

MR.LONELYの呟き

こんな僕でも やれることがある
頑張って ダメで 悩んで
汗流して できなくって
バカなやつだって 笑われたって
涙こらえて

どんな時でも どんなことにでも
人の気持ちになって
この心が痛むなら
むだなことだって 言われたって
かまわないから

何もないけど
なかよく 野に咲く花のように
君と暮らしていた頃を 思って
元気でいるから

むくわれないことが 多いだろうけど
願いをこめて

MR.LONELY by 玉置浩二

******************

すごくいい歌です。今朝Bank Bandのアルバムを聴いていて思いだしました。

ちなみにこの歌の名前のMR.はMr.Childrenから取ったらしいですよ(笑)

続きを読む "MR.LONELYの呟き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶

大崎善生さんの「ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶」の再読がかなり時間がかかりましたが、終わりました。

今回も「九月の四分の一」に引き続き、印象に残ったフレーズを記録していきたいと思います。

このドイツイエロー、もしくはある広場の記憶は九月の四分の一と対をなすような恋愛短編で、主人公はすべて女性で書かれています。

ストーリー自体を楽しむというよりは端々から伝わってくる言葉やメッセージを楽しむ類のものだと思うので問題ないかと思いますが、何も知りたくないという方はここで止まって読んでからまた来てください^^

では、僕の選んだフレーズをどーぞ。

続きを読む "ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

無理するな

ネガティブトークにつき、続き表示;

続きを読む "無理するな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

1 min show

かなり前のものですが、なんとなく思い出したのでご紹介。

http://www.youtube.com/watch?v=uhc_cbJVfy8&feature=related

リンク先は、新海誠さんの作品で「猫の集会」です。

1分間ですが、ちゃんと作品になっていてさすがだなと思いました。

いつかこんなのを作ってみたいものです。って自分はいったいどこを目指しているんだ(笑)

時間さえ作ることができれば、小説や動画など作品をたくさん作りたいなーと思ったりします。

歌詞の勝手に小説風というものをやっていて、小説っぽいものを書いたりしているのですが、これは楽しいですね。自分が主体となって自由に考えたり、相方とやりとりしてクオリティを上げようとしたり、という作業はやはりすごくいいものです。

今は、まだそっちに力を入れることはできないけれどひと段落したら、いろいろ試したいな。

あー、また現実逃避してしまった;

では、このへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

非生産的なつぶやき

Img_1963

気付けばもう11月。ハロウィンな仮装空間の中で11月を迎えました。

月が変わるとやはり時間が経ったなって思い知らされます。いろんな圧や焦りややらやら、今が頑張り時だ、世界は待ってくれないといわれ続け早2年半。

上司よ、いったいいつが力を緩めていいときなのですか(苦笑)?

わかっていますよ、「頑張り時は今」なんてないってこと。永遠に続くんであろうこと。

なんだか泣ける映画が見たい気分。swallow tailのメロディが沁みた帰り道でした。

そこで思いついたどうでもいいこと。

辛いけど辛いと言えない、泣くことがうまくできない女の子を泣ける映画に連れて行って泣かせてあげる。君が弱いんじゃなくて、泣ける映画だから泣いても仕方がないんだよって。

こんなアプローチ。どうでしょうか(笑)

どうでもいい感じの文章になってしまいました;少々疲れているということでご勘弁を(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドルネーム

ブログをやったりする場合、ハンドルネームって決めますよね。

自分の名前をそのまま使う人、名前をもじる人、好きなものをもじる人、いろいろいると思いますし、いったい何由来なんだろうと思うこともありますよね。

僕はここと昔のブログでは、「クレームパティシエール」と名乗っていますがブログを始めたときはこの名前を使うつもりはありませんでした。

初めてのブログを始めたある春の深夜のこと。

「よし!」っていう感じで設定を始めました。ブログの名前とハンドルネームはもちろん考えていました。そのとき考えていたハンドルネームは「ストレンジカメレオン」。

ストレンジカメレオンはthe pillowsの歌の名前でして、僕にとってはすごく印象深い歌であり、その響きもいいなと思って使うことに決めていました。

しかし、FC2ブログにはストレンジカメレオンを使っているユーザーがいて、他の名前に変えてくださいというわけですよ。

納得できる名前を考え直してからとも思ったのですが、やるぞってテンション上げていたので今更引き下がるのかーと考え、誰も使っていなそうな名前を10秒くらい考えた結果。

クレームパティシエールが出てきました(笑)

ご存知の方も多いでしょうけど、カスタードクリームのそれっぽい言い方がクレームパティシエールで、料理の本とか、バイト先で覚えた言葉でした。

一度登録してしまったがゆえに変えるわけにもいかず;この長いよくわからない名前で通しています。まあ変わっているので、今のところ自分以外にクレームパティシエールを名乗っているのはみたことないですが。

新しいブログ、メイドイン僕らでは気分一新、短く好きな名前で「サトラレ」と名乗ることにしました。

よーく考えた名前、なんでもいいやで使った名前、きっとみなさんのハンドルネームにもそれぞれの個性が出ているんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »