« one thousand of paper cranes | トップページ | 空を眺めてふと »

2009年10月20日 (火)

ザオリク

胸を揺さぶる憧れや理想は
やっと手にした瞬間に その姿消すんだ

でも何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行く
そしていつか君とみた夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
そうだ心に架けた虹がある

そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
ノートには 消し去れはしない昨日が
ページを汚してても
まだ描き続けたい未来がある

叶いもしない夢を見るのは
もう止めにすることにしたんだから
今度はこのさえない現実を
夢みたいに塗り替えればいいさ

そうだまだやりかけの未来がある

さっき実験で精細を欠き、ミスを連発したときに頭に流れてきた歌。

「蘇生」 Mr.Children

久々に歌詞を意識して聴いてみました。

やっぱいいですね。

暗闇から僕を呼ぶ 明日の声に耳を澄ませる

このフレーズは特に好きです。

声に耳を澄ませる。

言葉や理屈で説明できないけれど、こうしなきゃいけない、こうしてはいけないと感じることは誰にでもたまにあるんじゃないかと思います。

博士課程に進学したことも、将来あれがやりたいからとかそういうことよりも、直感的にいかなきゃという思いが強かったように思います。

そんな感じに僕個人はこの感覚をとても大事にしていて、その感覚通りに行動できなくてもすごく意識して次の行動に移るようにしています。

わかりますかね、この感覚?まあいいんですけど;

|

« one thousand of paper cranes | トップページ | 空を眺めてふと »

フレーズ集」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1112567/31867607

この記事へのトラックバック一覧です: ザオリク:

« one thousand of paper cranes | トップページ | 空を眺めてふと »