« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

学会終了

学会で東京に行っておりました。

お。って思える発表もありましたし、空き時間を利用して東京の街を少しふらついたりもできました。

僕自身ももちろん発表を行いまして、まあなんとか切り抜けられたと思います。ただ、プレリミナリーなデータに関することや自分のアイデアはそこまで親切に答えなくてもいいんではないかと先輩に言われました;

知識の共有とアイデアの漏出っていうバランスは難しいですね。僕は少し、オープンマインドすぎるようです(苦笑)

そして、今回僕の喋ったセッションの座長の先生方がほんとに素晴らしい方たちでとても発表しやすい環境でした。座長というのはただ単に発表を時間通りに進行していくだけでなく、聴衆が質問しやすい環境や流れをつくりだすという重要な役割なんだなーというのを肌で感じさせていただきました。

そして、学会でのメインイベントは夜の飲み会にあるといっても過言ではないかもしれません(笑)もちろん学会は学会でちゃんとやるんですけどね。

僕らの世界はやっぱり閉鎖的なので、こういう機会に普段会わない大学の人たちと交流するわけです。

今回も総勢30人かけるくらいの人数で飲みに行きまして、そこで新しい知り合いもできたり、海外にいる人から話を聞けたりするのでいい機会になったと思っています。

そして全く関係ないですが、表参道を歩いていたら偶然出くわしたハロウィンパレードの様子を。

Img_1957_5

Img_1954

なぜ砂かけババアがいたんだろう。。。

Img_1958

こんな人もおりました。

新宿や渋谷の人ごみはしんどいですけど、こういう風なみんな楽しい感じの人ごみは嫌いじゃないなあと思いました。

最後は全然学会と関係ないネタになりました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

新しいブログ始めました

昨日夜中に新しいブログを開設いたいしました。やったね。

メイドイン僕らという名前です。

古くからの友達と2人で考え、始めた「とりあえずブログ」です。

とりあえず、お互いが楽しいことがやりたいというコンセプトで始めました。それで周りも楽しんでくれたらなおよいというスタイルです。

コメントやメール等歓迎しています。

もちろんこのブログでも歓迎しています(笑)

まだ、完全な形となってスタートしたものではないので更新が滞ったりするかもしれませんが、もし興味をもっていただけたらとりあえず見ていただければなと思います。

こんなことをやってほしい等の意見もお待ちしています。

よろしくお願いしますm(_ _)m

こちらをクリック↓

メイドイン僕ら

ちなみにそこで僕は、「クレームパティシエール」ではなく「サトラレ」と名乗っています;

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

空を眺めてふと

もう日は変わってしまいましたが、今夜から明け方までオリオン座流星群が極大だそうですよ。

せっかくなので僕も空を音楽聴きながらぼーっと見ていました。そんなに長い間ではなかったですけど、ちゃんと流れ星をみることができました。

やっぱ、ある程度眺めていないと見ることはできませんね。

UFOを研究?している人のインタビュー記事かなんかで、UFOは頭っから否定する人は本気で空を眺めていないと言っていました。

確かに流れ星でさえ、ずっと空を眺めていないと見えないんですからね。

UFOがいたとしても、本気で空を眺め続けないとその存在を確認することはできないのかもしれません。UFOの存在云々は置いておいてもまあ的を得た発言だなーと思いました。

それにしても京都市内はやっぱ明るい。目が慣れてこないとちゃんと星も見えない。前にいた大学は田舎にあったのでよく見えました。しかもラボがあった建物の屋上が解放されていたので夜から明け方近くまで、ラボにあった銀マットを敷いて意味もなくずーっと空を眺めていたのを思い出しました(笑)

いやー、懐かしい。。。

話がまた逸れましたが、今夜も目が慣れてくるとある程度たくさんの星が見えました。やっぱりずっと見ていると「おっ」っていうくらいけっこう星があることに気付きます。

先人たちの発明により、街中はいつも明るく便利になって、星は姿を隠しました。というよりは僕らが盲目になっているといったほうが正確かもしれません。限界まで暗くしたらいったいどれだけの星が見えるんだろう。

なんて。

星ってたまに無性に見たくなるんですよね。

いつか富士山に登って星を見てみたいな。

あ、願い事するの忘れた。

流れ星に願い事を言うことができたらその願いはかなうって本当らしいですよ。

これでピンと来た人はなかなかの名言好きですねw。では。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

ザオリク

胸を揺さぶる憧れや理想は
やっと手にした瞬間に その姿消すんだ

でも何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行く
そしていつか君とみた夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
そうだ心に架けた虹がある

そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
ノートには 消し去れはしない昨日が
ページを汚してても
まだ描き続けたい未来がある

叶いもしない夢を見るのは
もう止めにすることにしたんだから
今度はこのさえない現実を
夢みたいに塗り替えればいいさ

そうだまだやりかけの未来がある

続きを読む "ザオリク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

one thousand of paper cranes

定期的に見ているテレビ番組ってあまりないのですが、なんとなくつけてやっていると見るというのはいくつかあります。

その中で気に入っているひとつがトラッドジャパンです。

日本の文化を英語でというコンセプトの番組です。今日のテーマは折り紙だったわけですが、その中で千羽鶴にまつわる話が出ていて、印象に残ったのでちょっと書きます。

病気や怪我をして入院したりすると千羽鶴が送られますよね。

これはいったいいつから始まったのか、どういった理由で作られたのかというのは、僕は今まで知りませんでした。

関西やそれより西に住んでおられる方のほうがご存知かもしれません。

その由来は広島の平和公園にある折り鶴を掲げた少女の像(原爆の子)にあるようです。

広島に原子爆弾が投下された1945年8月6日。

当時2歳だった佐々木禎子さんは、被爆してしまい、11歳で白血病を患ってしまいます。

「鶴を千羽折ったらどう願いがかなうかもしれない」という友人からの言葉から、「元気になりたい」という一心で鶴を折りましたが、想いは届かず、12歳で亡くなりました。

彼女は約640枚折り、残りを友人たちが折って仕上げ、彼女と一緒に埋葬したそうです。

その後、友人たちが「原爆の子の像」をつくり、千羽鶴は平和の象徴となったとのことです。

千羽鶴にこんなエピソードがあったとは。

みなさんはご存知だったでしょうか?自分はこういうことに少し疎くなりがちな気がするので、もっといろいろなところに目や耳を向けなければいけないなーと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

自己紹介で使う100の質問

最近、友達と新しいブログを立ち上げ準備をしておりまして、その中で自己紹介記事を作成しております。

あまり僕は知らなかったのですが、巷では100の質問という名前でいろんなテンプレートが存在しているんですね。それを友達から聞きまして、偶然読んでいたブログでそのようなテンプレートを使っているところがあったのでそこのを使って書いてみました。

自己紹介用100の質問配布所

ここで配布している中でも

「濃い30の質問」というものに答えてみました。

自分を振り返ったり、見つめ直す意味で最もよく質問も少なかったので。

まあ今更の自己紹介記事ですけど;

気が向いて時間のある方はどーぞ。

続きを読む "自己紹介で使う100の質問"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月11日 (日)

空と雲と

京都に越してきて、素敵な風景もたくさんあるし、今後も使うと思い2年前購入したデジカメ。京都を紹介しているブロガーの方たちほどではありませんが、ある程度写真を撮ってきました。

ただ、自分はその場を楽しむタイプらしく、いつもそこまで写真を撮りたいという衝動には駆られないのですが、撮りたいと思わせてくれるものが空です。

具体的には、空と雲を含む風景。

ほんと時間の許す限りぼーっと空と雲を眺めていたくなります。

そんなこんなで空と雲を含む写真を。

まあ特にいい出来だからというわけではないですが;

Img_0628

通いなれた道から

Img_1503

梅と空と雲

Img_1652

最強癒しスポット

Img_1367

忍び込んだ母校より

 

Img_1950

けっこう飛んでますよね

Img_0781

ほんと乗れるんじゃないかと錯覚してしまいます

Img_0835

And traffic light

Img_0952

このあと道に迷いましたっけねー

Img_0827

110年の歴史

Img_1942_2

いつも少し癒してくれるベランダより ~本日ファミマの弁当を食べながら~

まあ特に意味はありません。なんとなくです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

I know...

I know I need to be in love

I know I’ve wasted too much time

I know I ask perfection of

A quite imperfect world

And fool enough to think that’s

What I’ll find

I know っていうのがいいんですよね、この歌は。

日本語にはない、独特の響きが素晴らしくこの歌詞の悲しさだったりを引き立てていると思います。

I NEED TO BE IN LOVE by carpenters

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

明日もあるがままに

頼りにしてる だけど時には

夢の荷物 放り投げて

泣いてもいいよ 付き合うから

カッコつけないで

tomorrow by 岡本真夜

**************************

And the night is cloudy

There is still a light that shine on me

Shine until tomorrow

Let it be

Let it be by THE BEATLES

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだか

ちょっといろいろ詰め込み過ぎたかな;

なんだか突然、疲労感と脱力感が。。。

酒が飲みたい気分だ。

酒を飲みたいって思うほど歳をくったんだなー(苦笑)

今日の実験はあと一息。

ため息は深呼吸に切り替えて。

いざ、P3ルームへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

One for All, All for One

先日、NHKのプロフェッショナルで取り上げられていた

WHO medical officer 進藤奈邦子さん(46)は、現在、新型インフルエンザ危機対策チーム統括をつとめているそうです。

WHOは自分の今後の身の振りを考える上での選択肢のひとつ(行けるかは別として;)です。

そして、進藤さんは国立感染症研究所からWHOに行ったという点で、ケーススタディにもなりそうなので特に注目している方です。

続きを読む "One for All, All for One"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

英語

話せますか?英語。

前にも少し書いた気がしますが、僕らの研究の世界の公用語は英語なので、あらゆる場面で英語力を必要とされます。

たぶん、どんなに優秀な研究者でも英語ができなければおそらくその人が世界的に認められることは難しいでしょう。悔しいものですが、歴史的にみても欧米が先行してきた世界なのでそれは仕方のないことです。

ただ最近は研究に限らず、世界の共通言語としては英語が最も使われていることからも英語を自在に操ることができるだけで、かなりの強みになるといえるんじゃないでしょうか。

仕事に限らず、英語を話すことができればいろんな国の人たちとコミュニケーションをとることができます。それはとても楽しいことだと思います。

そしてやっぱり、さらっと英語が喋れたらかっこよくないですか(笑)?

続きを読む "英語"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

バランス

先日、ちょいとあるラボ(研究室)の立ち上げについての話を聞く機会がありました。

その話には研究における心構えのあるべき姿があったような気がしたので書きます。

続きを読む "バランス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »