« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

死語ランキング

ご存じの方もいるかと思いますが、個人的に笑ってしまったランキングをご紹介。

今でもつい使ってしまう死語ランキング

クリックしてしまいましたー。

1位から3位までだけここに書きます。

第1位

うそピョーン

第2位

だいじょうブイ

第3位

ガビィ~ン

誰もがどこかで一度は聞いたことあるんじゃないでしょうかね(笑)ティーンエージャーはないかな;でも実生活の中でいつどこで誰が言っていたのかは記憶にありません。不思議ですねー。

個人的には、「ガビィ~ン」って好きです。使いませんけど、ガビィ~ンって(笑)」こういうのってやっぱ芸能人がテレビでやったんですかね。それかまさかの女子高生?

現役でこれを使っている人、ドン・キホーテのようにそのままいきましょうpunch

元サイトはこちら

http://ranking.goo.ne.jp/ranking/999/dead_language/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chocolat

TSUTAYAで名作100円レンタルやってますね。

この前の土曜に行ってきました。しかしながらというかさすが100円。ほとんど残っていませんでした;

残っていた数少ないものの中からなんとなーくでも興味の沸いたものはとりあえず手にとってみました。といっても自分の生活リズムを考えると3本が限界でしたけど。

借りたものは・・・

きみに読む物語

ショコラ

ネバーランド

の3作です。

上2作は見ました。今日はショコラのことをちょこっと。。。え?

・・・・・・・

・・・簡単なあらすじと感想を書きますと、

しきたりに縛られたある村に親子(母、娘)がやってきます。彼女はショコラティエ。チョコレート店を開きます。そして、その不思議ともいえるチョコレートの力で少しずつ村が変わっていきます。。。

なんというか、独特の世界でした。音楽も雰囲気もヨーロッパ映画のような。この作品はアメリカ映画だそうです。まあ設定はフランスですから当たり前なのかもしれません。キャスティングはぴったりって感じでした。

もちろんフィクションなんですけど、チョコレートってなんかやっぱ特別な力があるのかなって思いました(笑)僕たちの暮らしている狭い世界での話ですが、チョコレートは子どもにとってのお菓子の代名詞となり得り、大人でも十分に魅了する力を持っている。それを中心に様々な人間模様を描いていて、深い感動!とかではないですけどなかなかよかったんじゃないですかね。100円でしたし(笑)

伝統を守ること と 変化を恐れること

夢を諦めないこと と 引き際の悪さ

一途な想い と ひきづり

etc. 

これらのことはけっこう紙一重じゃないかと思います。同じことでも、状況によりその捉えられ方はきっと変わりますよね。

利点と欠点、強みと弱み、チャームポイントとコンプレックスこれらはすべて紙一重で、表裏一体。

父が刷り込みのように言っておりました。刷り込まれたのか、自分自身の経験から悟ったのかは今となってはわかりませんが、僕もそう思います。

こんなことをこの映画を見て改めて思いました。

そしてなにより、、、いろんなチョコレート食べてー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

京都駅ちょいっとふらつき

Img_1719_2

今日は京都駅のビックカメラに最近流行のモバイルPCを散策に行ってきました。といっても自分の使用スタイルを考え、ネット等でかなり下調べしていたのでほぼ心は決まっていましたが、一応いろんなものを実際にさわってみるために。それと、気晴らしのためにw

いろいろ店員さんに聞いたりして見てまわりましたがやはり僕の心は変わりませんでした。ピカ・・じゃないVAIO type P、君に決めた!

http://www.vaio.sony.co.jp/Products/P1/

決め手はやはりあの小ささとスタイリッシュさ。ちょっと出かけるときにでも、持って行くかをためらわないあのサイズと軽さは他のモバイルPCとの差別化が図られていると思います。

もちろんスペックも自分がしたいことの範囲内であれば問題なさそうでした。まあでもWindows 7がんばれという気持ちはかなりの強さで持っていますが(笑)

そして、相手をしてくれたソニーの店員さん素晴らしかったです。暑苦しくもなく遠すぎもせず、僕の質問に的確に答えてくれました。カスタマイズする上でかなり参考になりました。ほんと実際に足を運んでよかったです。

到着は8月11日前後。いやー楽しみですねー。

そして、京都駅をちょいとふらついてみるとどっかでみた名前のスイーツを見つけました。

Img_1722_2

京都では有名でなかなか評判のレストラン Gaspard zin zin (ガスパール ザンザン)のグレープフルーツプリンだそうです。

昔のバイト先に卵、白ワイン、レモンで作るレモンプリンってのはありましたが、グレープフルーツプリンははじめて見ました。牛乳入ってるってことにもちょっとへーってなりました。ってなわけで購入。

どんなもんかと思えば、、、うまい。

さほどグレープフルーツは強くもなく、風味があって。原材料をみるとおそらく湯煎したんであろうこのプリンの食感もなめらかで自分好みでした。

斬新さとおいしさを兼ね備えた貴重な一品だと思いました。さすがですね。レストランのほうにも行ってみたいものです。

それとなんとなくひとつだと淋しいので、もう一品。下の段にあったロールケーキ。

Img_1720

Img_1721 

これが有名なのかは僕は知りません;

生地はレシピが知りたいなーというくらいなかなか自分の好みでしたし、抹茶がかかっているからか開けたときの香りはとてもよかったです。ただ、クリームが少々控えめすぎではないかという感じだったので、もうちょっと甘みなり苦味なりで存在感を出したらリピーターになりそうな一品でした。

今日の実験の結果は少々悩ましいものでしたが;、モバイルPCの注文ができたことや素晴らしいスイーツとの出会いもあったのでよい日曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい2人

26時間テレビ今日やってるんですね。

深夜テレビをつけたら、紳助さんとさんまさんがトークしてますねー。

いやー、やっぱりこの二人はすごい(笑)

タイプは違いますけど、めちゃめちゃおもしろいですね。話がどうしようもなくそれて進まないにも関わらず、ずっとおもしろいんですからww

この二人に対等にツッコミが出来たりするからさらにおもしろいんでしょうね。

やはりこの二人はすごいなーと思いました。

あ、そんだけです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

気づいてしまった事実

久々の休みをとって遊びまくって充電したのに危うくバッテリー切れを起こしそうになった午後19時くらい。

うすうす感じてはいたけど、この疲労感の原因を突き止めてしまった。

それは・・・

研究 : プライベート (娯楽) = 9 : 1

そして

ここ最近、研究があんましうまくいっていない。

よって

人生の9割がうまくいっていない(苦笑)

だからこんなにもメンタル、フィジカルともにダメージを受けるんだ;ほかに分散させる何かがないっちゅうことですよ(笑)

わかっちゃいたけど、この悲しい事実を完全に認めてしまった;

まあさ、こんな時期もありますよ。たぶん長い人生だもの。といってだらだらしちゃいかんわけですけどね;まあだらだら生きるのもまたひとつの生き方か。

******

突然ですが、10 cmくらいの直線を書いてみましょう。

それがあなたの人生です。まあ仮に75歳生きるとします。

0_______________________75

今まで何年生きてきたでしょうか?僕の場合今年で25なのでだいたい1/3削ります。

0//////////////________________75

さらに人間は人生の1/3は眠って過ごすといいます。なのでここからさらに1/3削ります。

0/////////////////////////__________75

そこに残ったものがあなたの残りの人生。

こういう見方をすると意外と短い気がしてきますよねー;

こんなこと書くつもりは特にありませんでしたが、なんとなく。

よし、もうひと頑張り。がんばれ、自分。今日は終わったらほめられサロンにでも行くか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

8割欠け

今日は日食でしたね。みなさんは見たでしょうか?

京都は曇りで絶望的かと思われましたが、ちょこちょこと太陽が出てくれて写真は撮れませんでしたが、肉眼では8割欠けの太陽を見ることができました。

思ったより暗くならずめちゃめちゃ声を上げる感じではありませんでしたが、やはりすげーってラボの人たちとしばらく眺めておりました。

皆既日食が見れた場所の映像を見ると、ほんとにすごいなーって素直に思います。女性のレポーターがその瞬間に「うおー、おー、おー」って反射としか思えないくらいの声を上げていましたから(笑)間近で見たら本当に息をのむと思います。

今回のは46年ぶり、次は26年後だそうですので見れてよかったです。てか、よくもまあ予測ができるものですよね。これも天文学が長い間地道に積み上げてきた研究の成果ですね。

ふと疑問に思ったのが、なぜちょうど月が太陽とほぼ同じ大きさに見えるのか?ちょっとネットで調べてみたらへーって感じだったので載せます。

地球から太陽までの距離 : 地球から月までの距離 ≒ 400:1

太陽の大きさ : 月の大きさ ≒ 400:1

よって見かけ上の太陽と月の大きさが同じになるんだそうですよ。詳しくはこちらで。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/wakusei2.html

まさに奇跡。

そうそう、日食の間だけセミが鳴きやみましたよね?これはどこでもそうだったようです。単に暗くなったためかと思いきや、日食のピーク時と同じ明るさの19時くらいにはまだ鳴いていましたから明るさだけではないんでしょう。本能で何かを感知しているのでしょうか(笑)

そして、インドのある場所では皆既日食は悪魔が太陽を飲み込むために起こるという迷信があり、まだ皆既日食を不気味に思う人たちもいるようです。

皆既日食が観察できた場所では、あたりは真っ暗になったようですね。海上で観察するツアーもあったようで、これはすごかったようです。とはいえ、今はこれが日食が原因であるとわかっているから神秘であり、感動になるわけですが、地球が回っていることすらわかっていなかった時代に見たら人々はどう思うんでしょうかね?

同じものを見ていても、種や地域、文化そして時代によって捉え方はまったく違う。数百年後、日食を僕らの子孫たちはどう捉えるのでしょうか?

もしかしたら空で観察するツアーなんてものもできているのでしょうか。はたまた、科学より信仰が世界を回し、再びインドのような悪魔説が常識になっているのでしょうか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年7月20日 (月)

休日report

世のこどもたちが夏休みに入った3連休。関東より友達が遊びに来てくれたので、久々に僕も土日と休みをとりました。

たいてい彼が来るときは特段目的があるわけではないので、いつも通り気が向くままに街を歩きカフェや寺に入り、酒を飲みという感じに過ごしました。

でもけっこういろいろ行きましたねー。

トラットリアes、Poquito、レストアの森、OKU、みます屋と2日間でいろんなところへいけてよかったです。

通りすがりに建仁時があったので、参拝。京都最古の禅寺だそうで出来てから800年だそうですね。雷神と風神がここにあったとは知りませんでした;庭園?もとても風流で座っているだけで癒された感じです。浴衣姿の素敵な女性もたくさんおりましたし(笑)

Img_1696 Img_1699  

Img_1706 Img_1702ve2

そんな癒されているときにケータイをカフェに置いて来たということに気付きながらも特に不都合もなく、今更何も変わらんだろうという判断でそのまま祇園へ。この時間から雨が降ってきたので、雨宿りと糖分補給のためにきなな近くにあったカフェを思い出し、そこへ向かいました。そこがOKUだったんですねー;OKUというカフェはしっていましたが、ここだったとは;;

Img_1712 Img_1713_2

まあ僕の重視する基準からすると、わざわざここへ来るほどのものではないけれど、祇園に来てちょっと休憩と甘いものでもという感じだったらいいか なという感想です。断然きななのが好きですね。

そして店を出る頃にはすごい雨になっていたのですが、今更店内に引き返すことも出来ず、アーケードのある四条通まで走りぬけようとしましたが、相手が悪すぎました;

持っていた紙袋が溶け始め、屋根のあるところで荷物整理。もうこのとき僕らはずぶぬれでした。こんなに雨に打たれてぬれたのって何年ぶり?っていうくらいずぶぬれでした(苦笑)でもまあ笑うしかないし、これもいい思い出です。

やはりレストアの森にあったケータイを取りに行き(店員さん、まことにありがとうございました)、カラオケ、ボーリングとカロリー消費と服の乾きを感じながら遊び、みます屋で遅い食事をしました。

みます屋ではコースを頼みましたが、あの味と量に雰囲気と鴨川を眺めながらというロケーションを加味したら満足の食事でした。時間もゆっくりできて話もいろいろできましたしね。

家に帰り、僕らの大好きな「耳をすませば」を鑑賞後、就寝し、翌日(今日ですけど)彼は帰っていきました。

いやー、遊びましたねー。こんなに掛け値なしに楽しかったのはいつぶりだろうか。やっぱり親しい友達ってのはとてもありがたい存在です。

今日はラボで少し仕事をせざるをえなかったので3連休とは行きませんでしたが、この充電で明日からまたがんばれそうです。

友達と耳をすませばのおかげですね(笑)

こんな至極個人的な週末記事でした。週休2日ってすげー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

宵山

一応行ってきました。宵山。こ一時間ほどでしたけど。

Img_1665

予想以上にやることがあったので、すごく迷いましたが記念に。結局朝5時帰宅でしたが、それが4時になろうとたいした差はなかったでしょう(笑)

まあでも宵山を心から楽しめたかといえばやはり時間を気にしてなんだか落ち着きませんでした;それでも祭りの雰囲気は感じれたんじゃないかなと思います。

屋台がこれでもかと並んで、そこに集まる人たち。

お好み焼きを売るおばちゃん。

ナンパする若者。されるのを待つ若者。

家族連れ。

ひとりもの。

蛍光ミッキーマウス。

んー、いろんな人がいますねー。こんなにいろんな人がみんな楽しめる祭りってものはやっぱりいいものですね。

Img_1679

Img_1688

ふらふらっと見て廻り、最後に焼きそばを買ってラボに戻り夕飯に。その場で食べたほうがおいしいんですけどね;隣のトロピカーナはめっちゃおいしかったです。全然関係ないですけど;

昨年は、友達と来たんですが、そのことをちょっと思い出しながらふらついていました。

黒いロールケーキを買い、スタバでこっそり食べ、ってこれ凍ってるじゃん!みたいな感じで。あー、懐かしい。。。

Img_1689

また何年か後にゆっくりと来れるでしょう。そんときは体調万全、時間はフリー、隣には素敵な誰かにしたいものですねー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

宵々山らしい

現在、7月15日水曜日21時50分。京都。

ラボにいます。

祇園祭で最も盛り上がるともいえる宵々々山、宵々山、宵山期間でして、宵々々山の昨日は12万人もの人が集まったそうです。

メインイベントや祭りの目的がこれでないにしろ、誰もが夜の歩行者天国で露天やらなんやらを家族や恋人や友達ときにはひとりでその時間を楽しむってのもいいんじゃないかと僕は思います。日常の楽しみから離れ気味だからよりそう思うのかもしれません(苦笑)

そんなシャバが盛り上がる中、わたくし、体調を崩しました;

もともと今週は木曜Progress reportと金曜Journalという祇園祭に行かせないよう誰かが仕組んだんじゃないかというスケジュールを強いられていたわけですが、さらにここにきて体に限界が来たようです(苦笑)

あー祇園祭が遠ざかる・・・

だるいなーとは思うことは多々ありますが、基本気のせいだと言い聞かせてなんとかやっているうちにほんとになんとかなることが多いんですけどね(笑)昨日は気のせいではすませず、午前中休みました。

一般の方は理解できないかもしれませんが、僕らには基本休みはありません(休む権利は持っていますけど;)。

ですので、僕の場合、遠方から友達が来るか、体調を崩すかが休みを取る理由になります。まあプライベートの予定が圧倒的になさすぎるのがいけないんですけどね。。。

まあそんな中、今週末、関東から友達が来ます。

やったね(^^)b

これまでも彼が季節ごとに一度、僕に休みを運んできてくれました(笑)ほんといいタイミングです。

体調は回復傾向ですし、寝たところで急激に回復する気もしないのでJournalの準備を今のうちにできるだけやりますかね。

とりあえず京都生活最後の宵山ですから小一時間くらいでも足を運びたい。。。

よし、あと2時間くらい粘ってみよう。

こんな大学院生にわき目も振らず、京都にいるみなさま全力で祭りを楽しんでください(笑)

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

HOME

最近再びHOMEを聴いています。あ、ミスチルのアルバムです。

今の一番のリピート率は「もっと」です。前は「Another story」だったなー。いやー、懐かしい。

前回の記事に書いた

”どんな理不尽もコメディに見えてくるような大きいハートがほしいですね”

ってのも「もっと」からのほぼ引用です。

改めて聴き直してみると、以前とは違った感じに聴こえたり、新しい発見があったりします。きっとこの2年で僕が良くも悪くもけっこう変わったからでしょう。着実に歳はとっていきますね(苦笑)

HOMEといえば、僕が京都に来てからカフェやらレストランやらちょこちょこ行ったりしていますが、その中で唯一「通う」までに至った店があります。そこに先日ラボ終わりに行ってきました。

営業時間が午後8時~翌午前5時とまあ変わってますから、帰りが少々遅い我々院生でもなんの問題もなく行けます。

未だにイベントや連休、週末などに客足が左右されないという、常連にはありがたい状態が続いているので、みなさまにもご紹介を。ここで紹介したところでいきなり込み合うこともないでしょうし。

Babele (バベル)

http://r.tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26006719/

縄手通りのセブンイレブンの目の前にあります。

料理は「こんな発想があったのか+おいしい」が実現しています。ベーッシクはベーシックでめちゃうまい。そして、ここの店長が気のいいおっちゃんで、料理も全部ひとりで作っているのですが、聞けばいろいろ教えてくれますしほんと居心地がいい店です。

作ってる人とこんなに近い店もあまりないでしょうし、料理に興味がある人なら作り手と話したいという気持もあると思うので、そういう気持ちが強い人には特におススメです。

Img_1517

前菜盛り合わせ

Img_1519

鴨のロースト、だったかな;

写真をちょこっと載せましたが、ご覧のとおり一人前の量が多いので、いろんな種類を食べたい女性の方は何人かで行くことをおススメします。単価は高いと感じるかもしれませんが、量当たりの値段、コストパフォーマンスはすごくいいです。

家か!ってくらいくつろげて自由すぎる雰囲気。自分にとってのこういう風に通える店が一軒でも見つかったということは、殺伐とした院生生活を送る上でとてもよかったとほんとに思います(笑)

そして、飲食店はただ「食」を満たす場所ではないんだなーと改めて思わせてくれた店ですね。

麻生さんも、大学教授も、バベルのおっちゃんも、そしてあなたも、社会の循環の中では同じですよね。それが目立つ立場かどうかだけ。

まあそれはさておき、こんな感じの僕の安息の地であり、HOME、Babele。

気が向いたらぜひがっつり食事でも、前菜と軽く飲むだけでも、自由な雰囲気と楽しい料理を味わってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

雲の上は晴れ

今日は・・・ってもう昨日じゃん!は七夕、タナバタ、バタバタ。こんな名前の数少ない気の知れた友達がおります。バタバタという名前のパン屋を三条商店街で見つけて、思わず写真に撮った覚えがあります。こんばんは。

おっと、どこまでも話がそれましたが、七夕でしたね。残念ながらの曇りですが、雲の上は晴れですから織姫と彦星もそりゃあ羨ましいくらいの再会をしたことでしょう。

ご期待通り七夕っぽいことは何もしませんでした(笑)小学生のときとかは短冊に書いてクラスにぶら下げたりしましたね、懐かしい。

願いが叶うなら・・・

どんな理不尽もコメディに見えてくるような大きいハートがほしいですね。

今聴いていた歌からほぼ引用しちゃいました(笑)わかりますか?

そんな日常の延長の本日ですが、久々にかもがわカフェで夕飯をとりました。コーヒーを切らしてしまったのでたまにはここで買うのもいいかと思いまして。

遅くまでやってるのがありがたいです。近いし、料理もコーヒーもおいしいし、雰囲気も抜群です。

デザートのチョコレートムースを直後に口にするコーヒー。やっぱ甘いものを食べながらのコーヒーが最高ですね。ああ、至福。。。些細な幸せ感じました(笑)

ひとりでゆっくり食事しながらパラパラ眺めていたフォトブック?

「もう、家に帰ろう」

より印象に残ったフレーズを今日のお別れとともに。。。

そういえば二人とも、過去の話はほとんどしない。

時間を止めるために撮るのではない、むしろその逆だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

帰ろう

あー、なんとかJournalの準備終わりました。ぎりぎりかと思っていましたが、やりゃあできるもんですね。まあ最低限ですが;

アポトーシス関連をちょっと今回は読んでみました。アポトーシスはプログラム細胞死、いらないところを自主的になくしたり、ウイルスとかに感染した細胞などが周りに悪影響を及ぼす前に自殺させて被害を最小限に抑えたりといろんな働きがあります。

僕らの指の間に水かきがなかったり、オタマジャクシのしっぽがカエルにないのはアポトーシスが起きているからです。

たまには生命科学やってます的なところをちょこっと垣間見せてみましたが、ちょっとくらい「へー」ってなったでしょうか(笑)?

やっぱ純粋に論文読んでるときはおもしろいですね。英語の言い回しとかも勉強になるし。頭使いすぎてちょっとぼーっとしますけど;実験は今日あんまやってないけど、たまにはいいっしょ。

そんな感じで、明日の朝早く起きてもうちょっと調べものして朝のJournalに臨みますかね。

よし、帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

日曜日午後9時

ラボにいます。

僕以外にも先輩1人と教授1人;先生、お願いだからそんなに働かないで。。。

朝来て仕事して、洗濯物干しと昼食のために家に帰り、また戻ってきて仕事して、夕飯食べに家に帰り、また戻ってきてしまいました。

まあしゃーないっすね、やることあるんだから(苦笑)

他分野の論文は、やっぱ難しいね、そして年々脳が衰退している気がする;

まあ論文読んだり、教科書読んでるときはおもしろいんですけどね、時間に制約があったり他にも多々やることがあるとなるとなかなかね。

もっとスマートに仕事をこなせるようになりたいもんです。

ラボで行き詰ったらetwでも行くか。

あそこで論文読むとなぜかはかどるんですよね、BGMとetwブレンドが脳を活発にするからなのだろうか(笑)

日が変わる前に1つは読み終わりたいな。。。

よし、斎藤和義を聴きながらがんばるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

おつかれさまの国

泣きたくなることもあたりまえ 坂道は

もうなんども経験したから 慣れてきた

そのひとの涙は拾えない 見ちゃいけない

「おつかれさまです」と微笑んで 僕らの旅

悪いことばかりじゃないことも 人生で

物語はまだまだつづくよ さあいこう

その夢も不安も戦いも これからだから

「おつかれさま」といってみる このぼくに

つらいのはわかってる だけどわからないよ

誰だってそれぞれ 隠した切なさは

ほんとうはいえなくて だから いうのだろう

ありがとう 大丈夫です おつかれさまです

ありがとう 大丈夫です おつかれさまです

Thanks a lot for your touching songs, Kazuyoshi Saito.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩いて帰ろう

走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく

誰にも言えないことは どうすりゃいいの? おしえて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »