« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

学校

今日は午前中:実験、昼:運動、昼下がり:実験というまあさしていつもと変わらぬ日曜日。ためいきの日曜日。んー久しぶりに聞いた。

昨日の夜、地元の友達と電話をしました。

彼とは幼稚園から中学まで一緒でして、よく遊んだものです。

高校で別々になりはしましたが、定期的に遊んだりして現在も実家に帰ると必ず会う数少ない友達です。今となってはやってることも状況も全然違うのに付き合いが続いているのはちょっとすごいことだと思ったりします。

ある程度の歳になってからすごく親しい友人ってのは出来づらく感じませんか?いろいろとファクターはあると思いますが、やっぱり接する時間ってのが一番大きいと思います。

僕は研究室に朝9時から夜10時くらいまでいることが多いですが、やることが発狂しそうなくらいあるので基本何かしら仕事をしてます。ちょっと休憩ってときもありますが、ボーっとしたり、ネットニュース読んだり、うつ伏せになってみたり。。。

あんまり研究室のメンバーと喋り始めるってことはないです。みんなも僕と同様仕事を抱えているので、基本忙しそうです。だから自分が空いたときに隣の人が手が空いているということはあんまないんですよね。実験中に無駄話をふるのは気が引けますし;

その結果、誰かと「普通の」会話をする時間って15分くらいじゃないですしょうかね;もっと短い日ももちろんあります。他の研究室や企業の人たちがどうかはわかりませんが、小中高校時代よりは確実に短いと思うんですよ。

ひとつの教室で授業受けて。休み時間があって。たくさんのクラスメイトがいて。男女比率は1:1で(まあこれは変わるか;)。こういう強制的に多くの時間を共有する学校って今思えばとても貴重だったなと思います。

単純接触の原理って聞いたことありますか?接触の機会が多いほどその人に好意を抱きやすいってやつです。

学校という空間で多くの人と多くの時間を接触していたからこそ、親しい友達ができたり、恋人ができたりしやすいんですよね、きっと。

プライベートも仕事もいまいちな感じだと、地元の親しい友達、家族というものの貴重さが身に沁みます。今の生活が充実しているほど、こういう貴重な人たちのことを忘れがち(まあ今の僕にはそんなことはありませんが笑)になるので、今の気持ちをいつも持ち続けながら、仕事もプライベートも充実させたいものです。

友人K、これを読むことはないと思うが、君に、そして街の巨匠に感謝。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

ひびき

見つからなかった探しも物はポケットに入ってました。と

幸せなんかそんな感じでしょ!?って

君の声は教えてくれる

君が好きで 君が好きで 涙がこぼれるんだよ

血生臭いニュース ひとまず引出しにしまって

君が好きで 君が好きで 切なさはやって来るんだよ

僕の世界はまたひとつ君と響き合って

風のように流れていく

川のように流れていく

************************

こんな風に思った時期も昔はありましたっけねー(笑)唐突に頭の中に流れてきたのでなんとなく書いてみました。

Thanks a lot, Mr.Children.

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいリッチ朝食

爽やかとは言い切れない湿気を感じながらの土曜日の朝食。

062709

前によく行っていた喫茶店にモーニングに行こうとも思いましたが、遠さとこの暑さと洗濯物を考慮して近くのフリアンディーズというパン屋でパンを買うことにしました。

そして、オムレツを作りたかったので、それも作って。たまにオムレツ作りたくなりませんか?んなことはあんまないかな;完璧なオムレツをさっと作れる女性がいたら惚れますね。

難しいんですよ、これが意外と。フライパンとかもありますし。

本日のオムレツは作る過程も入れて、55点;;

まあ作るごとにコツを覚えていきましょう。

あ、パンはおいしかったです。そして、びーんず亭のスペシャルブレンドもうまし。

洗濯物干したら、ラボに行くかー。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

BOSS

いやー、ひさびさにおもしろいドラマでした。

BOSS

あまり早い時間に帰宅できなかったので、途中から意識して見始めましたがおもしろかった。どの話もそれなりにおもしろかったし、最終回とその前の回はよかったねー。

結末は予想はつきましたけど、そこに至る過程は裏をかかれました。あの話を書いている人はすごいですね。小説も書いて欲しい。

戸田恵香も相変わらずかわいいし、科捜研も悪くないなー(笑)

にしても、天海祐希はこれ以上にないくらいはまり役でしたね。かっこよすぎですね。サッカーをするということは困難な人生を送ることだみたいなことをオシムが言っていましたが、本当にかっこよく生きるということは人生を困難に過ごさなければいけないのかもしれません。まあドラマですけど(笑)

そしてなにより僕が理想だなと思うのが、竹野内豊演じた野立参事官補佐。

ルックスありきかもしれませんが、あのちょっとふざけた感じの優秀さ。ルックスは無理でも10数年後はああいうおもしろさやふざけた感をもった優秀な中年になりたいですね。

珍しくテレビドラマを語ってみましたが、テレビドラマもまだまだ捨てたものではなさそうです。

あまり見れることはないかもしれませんが、おもしろそうなものは今後も気にとめてみようかな。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

50%やさしさ

最近調子どうですか?

僕はねー、悪いっす(苦笑)

実験がねー、なんでかねー。1勝9敗くらい(苦笑)?

そして、どんどんどんどんやることは増えていきます。レビューやら新しい実験やら論文やらやらやら。あー、頭の中が研究のことで溢れ返っています。

こんな僕より大変かもしれないあなた。

頭痛のバファリンがおもしろいキャラクターを作ってくれましたよ。

「バファリス」

あなたの頭痛のタネを食べてくれます。

前から気にはなっていたのですが、なかなかアクセスできなくて。やっと今日できました。前よりはつながりやすくなったんじゃないですかね。

普通にかわいいし、素晴らしいアイデアだと思いますよ。効能はさておき(笑)

興味のある方はぜひアクセスしてみてください。

http://www.bufferin.net/special/

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理由3

えー。週末本気で働いたのと最近の京都のモイスチャーな気候で、月曜なのにくたくた。

どーも、僕です。

自分が基礎研究者から国際協力に目指すところが変わった理由をつらつら書いてます。誰が興味あるんだって感じですが;いつかの誰かのため、そして何より自分の気持ちの整理のために。

基礎研究ってのはやっぱりおもしろくて、いつか何らかの形で役に立つ可能性があります。

でも、僕はもっとダイレクトに何かに貢献したい。そしてそれによって誰かが喜ぶ姿が見たい。

個人の価値観の問題です。

僕は感染症の研究をしております。究極の目標はその疾患を完全に抑えること。治すのではなく、やはり予防すること。

そのために現状では基礎研究は欠かせないといえます。

かといって、薬がないわけではなく、先進国では不便な生活ながらも生きていけます。しかし、途上国では薬は行き渡らず200万人近くもの人が1年で亡くなります。

基礎研究は非常に重要。けれど、基礎研究者は何のために研究をしている?

身の回りのひとたちに聞いてみたり、その姿をみていると、その疾患によって苦しむ人を減らすためにと確固たる信念を持っている人はなかなかおりません。

彼らは彼らで確固たる信念がある。それは感じることが多いのでいいのでしょう。誰も他の人の信念や幸せに口を挟むことはできませんし。

僕もおもしろいという純粋な好奇心が以前は多くを占めてました。ただ個人的な理由で人生観みたいなものを一度見直す機会がありまして、それはもうすごくたくさん考えました。

研究は競争です。企業は利益が一番です。

でも医学っていう人の命に関わる分野で結果を隠したり、競争したりってどうなんだろう?本当に莫大なお金を基礎研究にかけている必要がある?その莫大なお金を違う方法で使えばより効率的にとりあえずは抑えることができるのでは?ってあるとき思いはじめました。

そして、基礎研究は患者などの当事者から遠い。

やっぱり、自分のしたことで誰かが笑顔になるとかレスポンスがあることの方が僕は魅力を感じます。そのレスポンスでさらにがんばれたりするし。

現実として、基礎研究より末端な活動が多くの患者を減らすことができる。実際、途上国で感染症を抑えるには教育だったり制度作りだったりが非常に重要です。

***************

多くの人がこうしている間に自分が研究している感染症により死んでいます。

この事実を前に僕は自分の興味の追及のために基礎研究にのめり込むことはどうしてもできないんです。ほんとにのめり込まないと研究の世界じゃやっていけないですし。

こんな事情に加え、前に書きました自分の価値観をプラスして考えますと。。。

感染症で苦しむ人たち、特に途上国で社会経済的な理由などから十分な治療が受けられない人たちのために教育や制度作りを通して幸せになるひとが増えればいいなーと思っています。そして、一緒にたくさん笑えたらいいなーと。

自分が納得して、いかに幸せを感じるようになるか。それを現状から考えるとこんな感じが最もイイかなと。

結局のところ、自分のためです(笑)

この先、また考え方は変わっていくんだと思います。基礎研究にも自分の中で意味を見出せたらまた目指すかもしれません。トランスレーショナルリサーチ translational researchとやらも気になるし。

ただ、現状はこんな感じ。そして、いつでも自分のほんとに信じる方向へ進んでいけるようにしたいと思います。

長々とお付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

今日の朝?食

コネタマ参加中: 毎日の朝食、あなたはご飯派? パン派?

なんとなく朝食を写真に撮ってみたのでこれに参加してみました。

日曜の朝は、クロスゲームを見ながらパンをかじり、びーんず亭のコーヒーを飲む。

あー、至福。なんて安っぽいんだろう。でも身の丈にあってますね(笑)深いことを考えず、だらっとする時間。それだけで小さな幸せを感じます。これで横に戸田恵梨香似の子もしくは本人が笑っていてくれたら、このコーヒーに毒が入っていてもかまわないなww

んんっ、えー、京都のいろんなとこのコーヒー飲んでますけど、びーんず亭のブレンドほどコストパフォーマンスが高いものはないです。まあ嗜好を究極的に出るコーヒーですから、一般性はないかもしれませんが、オススメです。

062109

今朝はこんな感じ。食パンにチーズのせて焼いて、スライスしたトマトをのせ、塩胡椒、大量のにんにくから作ったガーリックオイル(1個200円の青森県産か10個200円の中国産にんにくだったら大陸製を買っちゃいますよ;)をたらしてほら簡単。

こんな手抜きですが、けっこういいもんですよ。

これで、横にと・・・。

てなわけで、朝食はパン!

さて、家は暑いし、ラボに行くとしますか。。。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜のアニメ

帰りが遅いと目にするテレビ番組も深夜よりになってしまいます。

深夜ってあまりメジャーじゃないアニメをたくさんやってるんですね。低反発マットレスに横になりながらそれをなんとなく見ることがあります。

やはりラブコメ、これは死語か?もやっています。学園ものっぽくて、主人公の男がなんとなーくモテていて、周りの女の子はみんなかわいくて見事なまでの個性を持っていて。。。え?ちょっと気持ち悪いですか()まあいいですけどね()

こういうラブコメ漫画、アニメには本当に悪い奴は出てこなくて、みんながなんだかんだいっていい奴で。こんな世界は有り得ないのだけれど、だからこそ見ているとなんかほのぼのするというか、すさんだ気持ちが浄化されるというか。

ちょっと大げさかもしれませんが、なんかいいなって思うんですよね。作り話は作り話。僕らはこれより汚くて嫌らしくて厳しい現実を受け止めてその中で生きねばなりませんが、たまにはこういう無害なちょっと甘酸っぱい気持ちを思い出させてくれる微笑ましい深夜のラブコメアニメも悪くないなって思いました。

アニメってちょっとオタクな感じで先入観で敬遠する人もいますが、物語は原作があれば漫画と一緒ですし、そんな先入観は捨ててたまにはほのぼのとした気持ちになってみませんか()

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

理由2

引き続き基礎研究についてですが、研究費、研究者のモチベーションの源ということをざっと書きます。

大きな大学や研究所での研究費ってのはほとんど国のお金、つまり税金が元になっています。場合によっては財団であったり、企業との共同研究ってこともあります。

研究者のモチベーションはどこから来るのか。これは個々で違うと思いますが、基礎研究を最前線で引っ張っている人たちはやはり、「これが知りたい!」という純粋な興味から来ている場合が多いように感じます。世の中に必要とされているから、これがやりたいって研究者は少ないんじゃないでしょうか。

もちろん両方を持っているとは思いますが、やはり純粋な興味が最大のモチベーションであることに大きな間違いはないと思います。

その証拠に大学などの基礎研究が企業と連携して応用などにあまり持っていかれていないことが挙げられます。これは大学の研究者たちは「真理追究、興味」を重視しており、企業は「儲け」を最優先しているというズレがあるからだと考えられます。

ここまで読んで

自分の興味の為に、税金使ってんじゃないよ!

って思う方もいらっしゃるでしょう。

この話に限らず、すべてのことに言えると思いますが、すべては捉え方次第。

今は社会的には価値がないといわれている研究があるとします。しかし、それが10年経っていろんな研究が進み、がん治療にとって実はとても重要な知見であった。となる可能性は否定できません。

あるウイルスを抑制するものを探してくるとき、見つかったものがこれまでに全く知られていないものであることはほとんどありません。

つまり、ウイルスとは関係なくともどこかしらの分野で研究されていたわけです。そして、いざウイルスを倒すために必要だという社会的ニーズが付加されたとき、意味のないといわれていた研究があったからこそその後の研究がスムーズに進む。

こんな風に、研究ってのはすべてつながっていて全く価値のないことなんて基本的にはありません。もちろん、ちゃんとした研究者がGOサインを出したものに限りますが。

なので、あとは個人の信念に委ねられるわけですね。

あー、金曜だってのにラボで土曜日になる瞬間を迎えてしまった(苦笑)

まあしゃーないっすね、結果がでてないし;

明日もがんばりますか。では今日はこんなところで。みなさまよい週末を。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

理由1

基礎研究者として生きていくことを全く疑っていなかった数年前。

人は変わる。ラガーは・・・いや、何でもありません。

現在は感染症抑制を通じた国際協力に何らかの形で関わりたいという気持ちが最も強いです。

まず、基礎研究の魅力を。

もちろん、ありますよ。僕が強く目指さなくなったからといって基礎研究の何かがかわるわけもないので;大きく変わっていくのは人の気持ちです。でもラガーは・・・んんっ。

基礎研究ってのは本質的にはとてもおもしろいです。少なくとも僕にとっては。まだ誰も知らないことを、自分自身の頭で考え、自分自身で解き明かしていく。これはかなりクリエイティブなことだと思います。

僕は生命科学を今まで主にやってきたわけですが、これはとてもおもしろい。いまだ人類はどんなに小さくて簡単といわれている生命体でもゼロから作り出すことはできません。

そんな生命体、特に僕は小さい奴らが好きで、そいつらをいくつか研究してきました。植物を病気にする奴ら。酸素があると生きれない奴ら。人を病気にする奴ら。

なんで?って思いませんか?どうやって病気にするのか。なんで酸素があると死んでしまうのか。それを一般の方からすればふかーくふかーくふかーーく・・・おーい、どこまでいくんだーってとこまで掘り下げて解き明かしていくのが基礎研究者ってやつです。

ふかーくまで解き明かすからこそ、応用ができます。安全を確認することが出来ます。それを怠ったから公害といわれてきたことがたくさん起こったんでしょう。

医療、生活の利便、環境問題様々なところで基礎研究は役に立っていく、これはたぶん間違いない。

では、すべての研究がそうなのか。そしてその研究費はどこからくるのか。そう、思う人もいるでしょう。

でも、長すぎてもあれだし、ちょっと疲れたので今日はこの辺で。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

身の振り

そう、このブログちょっと前から日本ブログ村に登録しております。ひっそりやっていたわけですが、同じような境遇の大学院生も多くブログをやっているということもありまして、こんな境遇でこんなことも考えてるよーってのをちょっとだけ伝えようかなと思って登録しました。

まああんまり積極的なことはしていないので、これを読んでいる人もいるかどうかも怪しいもんですが;まあ自己満足の範囲の半歩外くらいしか至っていませんが;;

でも、登録したという意識から更新する頻度が増え、自分の記録として多くのことを残せているのでいまんとこよかったなーと思っています。

そして、ブログ村に登録する際に、自分のブログの簡単な紹介文を書くわけですが、このブログの場合以下のように書きました。

「今後の身の振り、探してます。もう博士だし。印象に残ったフレーズ、ミスチル、小説、思いつき、料理、etc. 」

そう、今後の身の振り、と一番最初に書いておきながらそのことには全然書いていなかった(苦笑)

似たような境遇の人たちが、この博士敬遠の日本でどんな風に生きていこうとしているのかはとても気になります。たぶん、僕と同じようなことを思っている人もいると思います。ですので、今後の身の振りに関する記事を増やすことを今ここに宣言しまーす!

ま、誰かのためにはならないかもしれませんが、自分の考えの記録としても積極的に書いていきます。

てことで、今日はこの辺で。結局、今後の身の振りについて書かんのかい!って素晴らしい突っ込みを入れてくれる方もいる可能性がありますので、一言だけ。

現時点では、博士課程修了後はポスドクとしてアメリカなどで数年働き、それを職務経験としてJICAの専門家など国際協力団体にプロとして働きたいと考えています。

理由などはまた今度。ではでは。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

笑顔

笑顔ってやっぱいいですよね。

エチカに出てきた測量士の奥さん。

なんか言い終わるときに癖のようにケラケラ笑い出す。

あれ見てたら、不思議とこっちもなんか笑っちゃいました。たぶんスタジオの方々もおんなじ様な印象を受けていたんでしょう。

ちょっと今の僕には真似できないけれど、ああいう人って本当に素敵です。たまにいますよね、やたら笑う人で周りをその笑いに巻き込む人(笑)

(◎´∀`)ノ ヽ(´▽`)/ (*^-^)o (*^▽^*)o (o^-^o) (゚▽゚*) (゚ー゚) (*゚▽゚)ノ;:゙; `(゚∀゚)` ;:゙(゚m゚*) ( ̄ー ̄)ニヤリ ( ̄▽ ̄) ( ̄ー+ ̄) (* ̄ー ̄*) ( ^ω^ ) (。・w・。 ) (*^m^) (○゚ε゚○) (≧∇≦) (≧m≦) (*≧m≦*) ( ´艸`)プププ ψ(`∇´)ψ (v^ー゜)ヤッタネ !!(・∀・)イイ! ヽ(*≧ε≦*) φ(*^ω^*)ノ彡 ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ (・∀・)ニヤニヤ (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! (*^ー゚)bグッジョブ!! (´,_ゝ`)プッ m9(^Д^)プギャー ( ^ω^)おっおっおっ

happy01 happy02 delicious smile

意味もなくこのブログに搭載されている笑顔っぽいものを羅列してみました(笑)

んー、別にぃって感じですね;

自分の笑顔だったり笑いで、ひとりくらいはそれに巻き込めるような人間になりたいものですね;;

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

August Rush

「奇跡のシンフォニー(August Rush)」

この前の書いた「さよなら。いつかわかること(Grace is gone)」と一緒に借りたDVDです。

平日はやっぱり帰宅が遅くなりがちで、返却日前日になってやべっと思って夜中に見ました。でも、見ずに返さないでよかったー。こちらもかなりよかったですよ。

生まれてから11年間養護施設で日々を過ごす少年(主人公)は、生まれながら音楽の才能を持っていた。ある日音に導かれ、両親を探しに施設を抜け出す。初めてみる街の中で様々な音楽や人に出会いながらその才能を開花していき・・・

てな、感じですかね。

ストーリー自体には特段変わった感じはないのですが、演出、やはり音に関する演出がすごくよかったです。出演者の演技もよかったですし。それと主人公の才能。凡人はやはり天才に憧れるものです(笑)

「音楽」、「Music」

これらの言葉の響きっていいなーって改めて思いました。

そして、音楽ってすげーってすごく思いました。人種や言葉の壁を越えて伝わるものってやっぱり少ないですからね。ピアノとかもうちょいちゃんとやっときゃよかったなーって思ったりしました。サントラほしいなー。

ストーリーはまあまあとして、音楽を感じるすごくいい映画でした。たぶん、「さよなら。いつかわかること」よりは一般ウケする感じだったので見やすいと思いますし。みなさんも気が向いたらぜひどーぞ。

http://kiseki-s.cocolog-nifty.com/official/

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

さよなら。いつかわかること

ウィキペディアによると原題は「Grace Is Gone」だそうです。

2007年に公開したアメリカの映画です。僕はテレビ東京かなんかでやってる深夜のランキング番組でこれを知りました。そのときからずっと見たいと思っていて、先日DVDを借りました。

DVDのパッケージの裏や予告に書いてあるくらいの内容を書きますと、

主人公?(父)、妻、幼い二人の娘の4人家族。妻はイラク戦争に陸軍軍曹として出兵しており、ある日その妻が戦死したことが主人公に告げられる。しかし、幼い娘二人にどう伝えていいものかわからない主人公は娘たちを連れて小さい旅行に出掛ける。そして、その事実を娘たちに伝えるまでの物語。

約90分で、父が母の死を幼い娘たちへ伝えるまでのことをとても繊細に描いています。少しだけ偏屈な父の姿だったり、母がいないことをやはり寂しく思っている幼い娘たちの姿だったりをとても丁寧に時間をかけて表現していました。

めちゃめちゃ映画を見るほうではありませんが、この映画は見てよかったなってすごく思いました。

家族愛とかはもちろん感じましたが、それを自分の立場に当てはめて家族を大切にしなきゃなって思ったり、何かを学び取るとかではなくて、この物語ありのままを受取って、感傷に浸ったり、なんてやさしいんだって思ったり。何も学びとれないとかそういうことではなく、この物語に浸っていたんだと思います。まあもちろん、今の僕はこうなったってだけでしょうが;

泣かせる場所!みたいなのをさほど設けておらず、ほとんどのシーンがこの映画には必要で、それぞれ穏やかに僕の感情を揺さぶってきました。

みなさんがどう感じ取るかはわかりませんが、自分の親しい人には間違いなく薦める映画でした。

http://www.sayonara-itsuka.com/

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

アルプスの少女

ハイジ見たことあります?

実は僕の母が大好きでして、小学生の時にハイジがオンジとこに来るところから、クララが立つとこもすべて見ました。

そして、最近CMでハイジが・・・

まさかの日産NOTEのCMで見ることになるとは(笑)

ご存じの方も多いかと思いますが、確実にTHE GOLDEN EGGSのスタッフがこのCMシリーズを手掛けていますよね。THE GOLDEN EGGSが大好きな僕としては、まさに夢のコラボ!

実験に失敗して、プライベートもあんまいいことなくて、けっこうへこんでた時にこのCMを偶然見かけました。いやー、笑ってしまいましたね。というより衝撃をうけました(笑)。

まさかのコラボですもん。独特のタッチでハイジ、ペーター、オンジそしてユキちゃん(ヤギですよ)を描かれた時にゃあ笑うしかない。

そんで、ホームページに行ってみたらデジタルグッズとしてムービー、ブログパーツなどがありました。なので、ムービーを貼り付けようと思います。

オーマイキーとかが好きならこれも好きなんじゃないでしょうか?どっちも好きなら僕とフィーリング合うんじゃないですかね(笑)

ぜひ、見てみてください。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

夢の時計

2週間前くらいに知って、ラボの先輩とちょっと盛り上がったサイトがあります。

美人時計 http://www.bijint.com/

1440分、1440枚の美人の女性がその時間を書いたプレートを持っているというサイト。

iPhoneのアプリにもなっているらしく、ダウンロードは総合第3位だそうで。

よくこんなことやりましたよね、こういうアイディアと実行力は大好きです(笑)

毎分で写真が変わりますが、一人が4分?の持ち時間を持っています。最後はアップで。

夜も更け、実験も終わったというときに先輩にこのサイトを教え、いろいろ喋りながら30分くらい見てました(笑)まあお互いの好みもありまして、

「んー、次の人で終わりにしよう」とか言って何分か延長してました。バカでしょ(笑)?

ラボにこもりがちの生活で、新しい出会いを求めてっていう状態に自分を持っていけていない僕らが、自分たちを悲しいと自覚しながらも、まあけっこう盛り上がって楽しかったのでよしとしてください。

院生特に理系で、博士で、わりとでかめの大学にいる人ならこんな我々の気持ち、解りますよねw?

こんな、夢のようなおもしろい時計でぜひ時間を確認してみてください。きっと1分が長く感じる瞬間が来るはずです(笑)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

こあじ安っ!

1_2

これ、98円なり。安っ!ってことで勢いで買っちゃいました。

こあじって包丁使わずに捌くことができるんですって。ネットでみてやってみました。

エラのとこに親指と人差し指をいれ、しっかりつかみ、尾のほうへ向けて引っ張る。

あんまりうまくいきませんでしたが、まあなんとかできました。そして、皮をエラ付近からベリッとはがすと下のようになりました。お世辞にもうまいとはいえませんね;新鮮で冷えているほうがよいみたいです。

2

南蛮的なものを作ろうと思い、片栗粉は切らしていたので、小麦粉を表面にまぶしてから揚げに。7分くらいかなー。最後は強火でカラッと。

しし唐辛子もあったので、一緒に時間差をつけて揚げました。

3

あじが揚がったところで、ソース的なものを作ります。

ちなみにこの揚げたてのあじに軽く塩ふってかじってみたらうまっ!

えー、まず、薄く切ったたまねぎ、もやしを軽く炒めつつ、ミニトマトをつぶしながら加えます。トマトってこういうふうに調味料的に使うのもありだと思うんですよね。

4

赤ワイン、しょうゆ、はちみつ、バルサミコ酢、しょうがをすったものを加えて水分を飛ばしながら炒め続けます。

最後にあじをここに加えて軽くからめて、ハイ、出来上がり。

こあじのイタリアン漬け?プレート for Mr. myself

5_3

ま、言うてもてきとーですけどね。盛り付けもてきとーだし;

二人分の材料はあったんだけどなー。誰かのためとなるともうちょいちゃんとやるんですけどね;

でもまあ、おいしかったですよ。

にしても小あじ安いなー。どこでも安いのか?まあ丸々、サカナ!の形で売られているとちょっと手は出しにくいからかもしれませんね。

たまにはまともな料理もやりたくなり、魚は高めなので手を出しにくい僕としてはちょうどよかったです。

みなさんも、小あじを捌くところからチャレンジしちゃいなよ (^_ ^)

捌くのは意外に手間かからないし、やっぱり魚、うまいし、いいですよ。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

こいのうた

サヨナラCOLORをyoutubeで聴いて、じーんとなっていた今日この頃。

画面右にでる関連動画を見渡してみたら、「こいのうた」というものがありました。

なんとなーく、聴いてみたところ、思いのほかよかったです (ノ_-。) ので、記録兼ご紹介。

GO!GO!7188というミュージシャンが歌っているみたいです。僕は全然知らくて、読み方すらわかりませんが、けっこうメジャーなんですかね?少なくともこの歌は気に入ったので、ちょっとこのひとたちの歌を他にも聴いてみようかなーと思いました。

Youtubeとかってこういうなんとなーくな新たな発見があるからいいですね。

YoutubeにあるPV

http://www.youtube.com/watch?v=Y9e0kCnm5Tg&feature=related

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »