« さよなら。いつかわかること | トップページ | 笑顔 »

2009年6月12日 (金)

August Rush

「奇跡のシンフォニー(August Rush)」

この前の書いた「さよなら。いつかわかること(Grace is gone)」と一緒に借りたDVDです。

平日はやっぱり帰宅が遅くなりがちで、返却日前日になってやべっと思って夜中に見ました。でも、見ずに返さないでよかったー。こちらもかなりよかったですよ。

生まれてから11年間養護施設で日々を過ごす少年(主人公)は、生まれながら音楽の才能を持っていた。ある日音に導かれ、両親を探しに施設を抜け出す。初めてみる街の中で様々な音楽や人に出会いながらその才能を開花していき・・・

てな、感じですかね。

ストーリー自体には特段変わった感じはないのですが、演出、やはり音に関する演出がすごくよかったです。出演者の演技もよかったですし。それと主人公の才能。凡人はやはり天才に憧れるものです(笑)

「音楽」、「Music」

これらの言葉の響きっていいなーって改めて思いました。

そして、音楽ってすげーってすごく思いました。人種や言葉の壁を越えて伝わるものってやっぱり少ないですからね。ピアノとかもうちょいちゃんとやっときゃよかったなーって思ったりしました。サントラほしいなー。

ストーリーはまあまあとして、音楽を感じるすごくいい映画でした。たぶん、「さよなら。いつかわかること」よりは一般ウケする感じだったので見やすいと思いますし。みなさんも気が向いたらぜひどーぞ。

http://kiseki-s.cocolog-nifty.com/official/

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

|

« さよなら。いつかわかること | トップページ | 笑顔 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1112567/30074053

この記事へのトラックバック一覧です: August Rush:

« さよなら。いつかわかること | トップページ | 笑顔 »