トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

いろいろと

いやー、お疲れ。自分。

8月、アメリカの学会のための猛烈な実験の日々。

9月、アメリカの学会。すげーいい経験だったなー。

10月、日本での学会。まずまずでしたね。

とりあえず、一息。といってられないけど。

そして、出来事は唐突に、まとまってやってくるものなんだろうか。。。

この3日間でいろいろありました。学会期間だったけど。なつかしの人物からの連絡。身に覚えのない自分からの小包。学会中に郵便局から電話が来て、ご本人様からの小包ってまったく覚えがないからびっくりですよ。なんか詐欺にでもあったかなーとか考えちゃいましたよ。そして、今日荷物を受け取って、やっとわかりましたよ。はぁ。難しいね。まあこれは書きたくなったら作り話のごとく書こうかな(笑)

でもさ、この程度で感傷に浸るわけにはいかないんですよね。やるべきことはたくさんある。とりあえず、論文書かなきゃな。そんで自分に自信つかないかな(笑)

てな感じの怒涛の3日間。忘れることはあるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

デスクワーク

今日はほぼデスクワークをしました。基本的に実験ばかりで時間がなくなってしまう僕としてはたまに強制的にデスクワークをする時間をとることはけっこう貴重で重要です。

明日がjournal紹介だから仕方なかったわけですけど;久々にこんなに集中的に論文や教科書を読んだな。こういうときを利用して知識を詰めとかないとやっぱまずいなーって改めて感じたわ。

そして、なんか論文読んだり教科書読んだりして勉強したわけですけど、疲れたけどなんか楽しかったなー。新しいことを学ぶということは楽しいことだということをちょっと忘れかけてましたね。

基礎医学という分野を興味だけでやるのはよくないのかもしれない。ただ、使命感に追われすぎてその現象の興味深さとかを感じなくなったら、それはそれで仕事の効率が悪くなる気もする。

だから使命感や最終的な還元は心の根底に持っておきながら、おもしろいものはおもしろいと思ってあいつらを制圧、利用することが僕らのあるべきスタンスなのかな。わからんけど、自分はそんな風に研究していってこの先どうするかの答えが出せるといいね。

とりあえず、明日に備えてもう少しがんばるか。てか、こんなことやってる場合だったか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

出店、修学旅行

大学生(学部生)たちが催した出店の数々、それらを囲む楽しげな学部生たち。たぶん、やってる本人たちが一番楽しいんだろうな。

修学旅行で観光する中学生たち。男女グループなのに男子と女子にちょっと別れ気味で歩いたりして。初々しいね(笑)

そんな彼らをみているとやはりどこか、いいなーって思います。自分にも同じ時期があったはずなのにね。

たぶん僕を含めたいていの人は、今の自分にないものを求めます。まともな休みがなく、朝から晩まで殺伐とした日々を送っている僕の場合、純粋に楽しめる気の知れた友達との時間であったり、難しいことを考えず散歩したり、ゴロゴロしたりする時間がほしいわけです。だから彼らが輝かしくうつるんだと思います(笑)

歳をとってからあのときもっと、あの時間を全力で楽しんでおけばなあなんて思うことありますよね。学校でのイベント、部活、気の合う友達とキャンプやバーベキュー。勉強だって、先ばかり見ないで、そこで学べることを全力で学ぶ。そうしていくことが一番なんじゃないかなって思ったりする。

でもまあそれを実行し続けることはなかなか難しいわけですが・・・。

今ある環境で得られるものはできるだけ得る。長い目で見て無理やり遠くのものには手を伸ばさず、今学べることを学ばねばね。なかなかそのことを忘れずに日々過ごすのは難しいだろうけど、できるだけね。

「先のことは考えねえ!」 ワンピース読んでてやけに頭に残ったフレーズです。

迷いっぱなしの修士時代真っ只中ですが、これはこれで必要な時間だと割り切って、遠い未来のことじゃなくて近未来のことだけ考えて、徐々にいろいろと決めていけるといいなーと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

Everything is made from

ノーベル賞が発表されてますね。

日本人も3人受賞したそうで。研究ってことに関したこの話題についてはまた別に書くとして。

ノーベル賞をつくったノーベルさん。ご存知の通り、ダイナマイトをつくった人でもあります。元々、固い岩盤を壊して効率的に鋼を得るためにつくったわけですが、それにより戦争での犠牲者を飛躍的に増やしてしまったとも言われています。まあこれは結果論ですが。ただ、ダイナマイト開発の途中で身近な人の命を失ってしまったことは事実であり、それがよかったのかどうかはわかりません。

このダイナマイトや核爆弾など多くの命を奪ってしまうもととなったもの。これらは最初は世の中を便利にしたい。興味のあることをひたすら突き詰めたい。そんな純粋な気持ちで始めたはずです。

でも、結果的に多くの犠牲者を出してしまった。

何だってきっとつかい方次第、つかい手の気持ち次第。遺伝子組換え技術だってそう。悪用すればいくらでもできるかもしれない。でも、包丁だって同じくらい、誰かの命を簡単に奪うくらいの力をもっている。

だから結局、すべては僕らの手にかかっているんだよね。

すべては純粋な気持ちから、たくさんのひとの夢から始まっている。

Everything is made from a dream.

純粋な気持ちで始めた今の研究も曇ってきているこの頃。桜井さんの歌声と独特の曲のカラーがちょっと僕を元気にしてくれたような、気がする(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

Worlds end

飲み込んで吐き出すだけの 単純作業繰り返す自動販売機みたいに
この街にボーっと突っ立って
そこにあることで誰かが特別喜ぶでもない
でも僕が放つ明かりで君の足下を照らして見せるよ

Mr.ChildrenのWorlds endです。

この歌詞は数あるミスチルの歌詞の中でもかなり気に入っていますねー。

特別誰かに求められなくとも、そこにあることで誰かひとりでも少し明るくできるような存在になれたらいいなーと思ったりしています。

そうそう、ブログ自体は初めてではなく他んとこで1年ちょっとやってたけど、ちょっと気分を一新したくてこちらに移ってきました。

日々の何気ないことや、どうでもいいような考え事、気に入ったフレーズ、小説っぽいものまで手広くいろいろ書いていこうと思います。基本的には自分のためにだけど、それを偶然見かけてなにかプラスになる人がいればそれに越したこたあありません。

今はいろいろなことに対して迷ってばかりで、誰かを照らすどころか、自分が明るくならなきゃなーという状況だけど(笑)とりあえずこんな感じでまたスタートします。

「何に縛られるでもなく 僕らはどこへでも行ける そうどんな世界の果てへも 気ままに旅して廻って」

行き止まりの壁の前で、暗闇に包まれた時、何度も言い聞かせてみる。

気ままに旅してーなー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年11月 »